作業療法士の愚痴

アクセスカウンタ

zoom RSS よりよい作業療法を目指して

<<   作成日時 : 2012/05/18 10:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 14

画像



最近更新していなかったので,たまにはw


という事で



よりよい作業療法を皆さん目指していると思います.



そこで考えて考えて,わからなくなって


めんどくさくなってww



どうでもよくなるw


画像







私はそうでしたw










現在愚痴OTは無所属!!


なんの足かせもないので〜〜〜


自由に行きますwww

たち悪いw






画像
















まずは現在主流?の各種ファシリテーション


効果あるか?


って事を曇りなき眼で見てみる!!





この効果の意味解釈で捉え方は大きく変わりますが,

@セラピスト目線で,筋緊張の変化として捉えると

 効果あります!!即時的効果ね!!

 持続的効果は,RCTで否定されているようですが・・・


そもそも,筋緊張の変化を求める手技ですのでそれ以上を求めても

発展しづらいと思います.

ADLへ波及する?生活に波及する?

したケースがあるのであれば,それはファシリテーションテクニックではなくて

別の要因です. 過大解釈しない方がいいと思う.



画像






Aクライエント視点で,麻痺の回復,生活の回復と捉えると

 ファシリテーションでは,効果ないよ.

 誰がどれだけ技術を深めても,治らないものは治らない.

 治せんのか?出来るならば今私の目の前の人を治してください.

 できないでしょ〜 できるわけがない.

 麻痺の回復を望んでいるので,提供しているだって? 治らないのに??

 そうですか・・・

 ファシリテーション信者は,もう少し治らないということを受け入れた方がいい.

 受け入れることで新しい道が見えると思います.


画像







これらを踏まえると,当然のことながら,対費用効果が低い事がわかる.


別に論争したいわけではないんだけど,

正直,ファシリテーション信者って嫌いなんだよね.


人には多くの情報があり,その日によって気持ちは違うのに

姿勢だの筋肉だの,そういった狭い範囲しか見ないなんて



あ〜いらつくw



画像




でも,ファシリテーション一辺倒ではなく,ファシリテーションを

選択肢の一つとして使っている方は,大好きですし,

すごい有益な人たちだと思います.




















ファシリテーションを選択肢の一つとして使うには

人を包括的にとらえる枠組みの方略を持っている必要があります.


ホリスティック理論

画像




代表とされるのは,MOHOやCMOPです.



これを学ぶことで,その人全体を捉え,その人に最適な方法を見つけ出せます.

実際の介入手技を持たないってのが,困った点なのですが・・・


実際の介入手技は,即興的なオーダーメイドで協業して作るんです.



















って・・・



確かに無理あるってw



だから広がらないんだよ.





理解して,ここまでたどり着けば,そういう表現になることは良く分かる!!

でもね.



普通はたどり着かないって^^;


本は難しいし,手技みたいに何をすれば良いっていうマニュアルもない.

その効果も,いまいち伝わってこない.


無理無理



作業療法士なんだから,もっとうまく動機づけて〜〜〜




どんなに良いものでも,使う私たちに理解されず,使われなかったら

な〜んの意味もありませ〜ん.

























そして,認知運動療法改め,認知神経リハ?でしたか?


最先端みたいな流れで,勢いづいてきましたね〜



高いエビデンスを後ろ盾に,突き進む姿に




















とても白けますwww
















広めたい気持ちは,痛いほどよくわかります!

最先端を謳いたい気持ちもわかります.


でも〜








誇大広告は・・・


ね〜?






扱う範囲が狭すぎる!!

確かに研究にあるようなある一部分の変化に注目して

結果を出せば,再現性が出るかもしれない.




だからって〜 その効果を〜

そんなに広く使えるようかのように広告しちゃ〜

若いOT集団なんだから〜

勘違いしちゃうぞw








今作業療法に必要な事!

よりよい作業療法を目指して行わなければならないことは















全部学べw















そして,どれもこれも大したことがないってことを知って欲しい.



その中でどれかを選ぶのではなくて,


そのどれをもを凌駕する新しいパラダイムを作って行きましょう.






次を作るには,今,そして過去を学ぶ事



それを踏まえたうえで,次を作る作業です.




ファシリテーション vs 作業 みたいな戦いとか

認知 vs ファシリテーション みたいな戦いは・・・



どんぐりの背比べw



勝敗はひきわけでしょ〜? 勝者なしで^^




どれか一つを学ぶことは大事です.


それで,他の畑がうっとおしくなることもあります.



それはそれで構わないのですが,自分の畑も大したことないって

考えた方が,良いっすよ〜^^



どれも大したことない!!!


色々学んでみなさんの中に生まれた,オリジナル!!

それが現存する最良かつ最強の作業療法です.



自信を持って!!














って・・・ なに書いているんだろ・・・私・・・










朝から酔ってはいませんw






あ!そうそう学びに愚痴本でもどうぞwwww 

最後はそこかいっ


http://1st.geocities.jp/shounan_ot/gutishop/index.htm





※上記に過剰表現等あり不愉快になられたら申し訳ありません.

  別に敵意はありません. 個人的な印象って事でご勘弁を<(_ _)>

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
愚痴さん

朝から,気持ちの良い話です.
ニヤニヤしながら読んでしまった.

原点回帰の時期ですけど・・・
日本のOTは,どこへ帰れば良いのかしら・・・

作業は人を幸せにする”力”を持っているってとこへ帰れば良いのかなぁ

作業は人の健康に影響を与える.
人は作業によって,健康にも不健康にもなれるってことを大事にしたいですねぇ

愚痴本の威力はすごかったです.
学生の眼の色が変わりましたよ(^^)
中身は??? 
今度,実習に行った子を確認してみてください.
きくりん
2012/05/18 12:05
愚痴さん、以前、稚拙な質問ばかりさせて頂いて者です。
久しぶりの更新!!と思って、覗いてみたら、とても刺激的なご意見をたくさん書いてありました。無所属というは、無職ということなのかと気になりましたが・・・。今回の愚痴さんのストレートな意見、骨の髄まで伝わってきました。私は、脳神経外科病院にいるので原則、第一に改善を目的にアプローチするのは、ADLです。その他に社会的背景を鑑みて家事動作の再獲得や復職に関する動作再獲得を目的にアプローチすることはあります。ここには、必死なって理論や手技などで優劣をつけることなんて考えてはおりません。ただただ、誤用や過用をできる限り抑え(何でも早期に訓練すれば良いというわけでもなく、たくさん動かせば良いというわけでもないという意味で書いています)早期に自然回復に沿った回復を促しながら、機能を能力に再び変換することだけを考えてアプローチしております。身障領域ではこれが基本と思っております。しかし、巷では怪しいことがたくさんあるようです。1.理論や理論を盾にしたあやしい手技は、それを無視しており、名を残すためにやっているようにしか思えてなりません。2.作業療法士だから作業に注目すべきでしょうか、行為全てが作業なんて言うようになっては、作業療法士は怪しい集団のように思えています。作業について概念を深め、追及していくのは構いませんが、それを療法の大きな要として位置ずけることは正しいことなのでしょうか?理論も手技も医師や患者、そして家族にわかり易く、作業療法士にアプローチしてもらえると、ここが改善されると理解されるようにしなければならないと思っていますが、果たしてできているのでしょうか。私は、理解されるように今でも勉強中です。再び、失礼してすみません。支離滅裂な意見と思われるでしょうが、伝えてみたかったのです。

考えているOT
2012/05/18 22:01
以前、何度かコメントさせて頂いた者です。
正直、まわりから見たらよくわからないですよね〜。OTって。。。。
専門職間ではOTとはってことを語り合ったりして、なんとなく自分の中のOT像は形作られている気がします。

今日、地域の住民の方と話す会があり、「PTとかOTとかってあるけど、それってなんですか?」と聞かれました。
説明してみましたが、「ん〜〜、わかんない」
見事玉砕してしまい、情けない限りです。

皆さんは、なんと説明していますか?簡潔にかつ効果的にOTを説明する。未だにこれに苦戦しています・・・。
自信がなくなった今日この頃です。
モリモリ
2012/05/18 23:08
お久しぶりです.

OTは空中分解なんて言われたりして

OTならば誰でもこれができる
という,作業療法のスタンダード
がないのが致命的な気がします

スタンダードを国民に伝えてかないと
50年後には消えてしまうのではないでしょうか

あぁ自分のできる事はなんですかね?



696969
2012/05/19 20:57

愚痴OTさん、お久しぶりです。

神奈川で訪問OTやっているタケノコOTです。

僕はこういうテーマ好きです。

ファシリテーション技術自体が問題とは思いませんが、ファシリテーションの問題点というか課題は、やはり「セラピストが不在であっても同じ事象が反復される時間が生活場面で得られるのかどうか?」だと思います。「セラピストがいなければできない内容(他動的)」「セラピストがいなくてもできる内容(能動的)」という視点です。

「認知(?)」でも「作業(?)」でも”利用者の健康状態・機能状態に対して良い影響を及ぼしている時間”であることは事実なのかもしれませんが、結局はそれがセラピスト不在の時間においても反復持続できないことが問題であるように感じています。「1つのアプローチの持続的効果」とは意味が違います。「1つのアプローチの即時的効果」があるならば、それをどうやって日常生活内(セラピスト不在)で継続的・断続的に反復される時間が増やせるか否かということです。

たいていの手技や治療理論は「利用者の能動的動作」があったとしても「実施場面が能動的である」とはいえない気がします。

どんな自主トレであっても、どんな生活活動であっても、セラピスト不在の環境下で積み上げられている人は、機能回復なり、自信回復なりが得られる傾向があるようです。
タケノコOT
2012/05/21 08:08
2年前、愚痴OTさんに質問したきり、自分では答えられなかった「OTとは?」について、自分なりの考えを報告します。

それは「習慣マネジメント」です。OTが一緒にいる時は確かに今ある能力の最大限の動作を練習し確認し必要あれば代償手段や人的物理的環境を調整します、時にpassiveROMや機能訓練を実施します。しかし、週1回1時間=168分の1時間の中で、残りの167時間の過ごし方を話すことがもっと重要と考えます。自主トレであったり生活動作課題であったり活動内容と頻度時間であったり、週1回の訪問は、何かをやりながらでもフィードバックの時間や再アセスメントの時間として機能すれば、非常に有効なアプローチとなるのではないでしょうか。セラピスト不在の167時間に対するマネジメント、ここがOTの専門性の一つと考えます。一緒にいる168分の1時間もそれはそれで「特殊な時間」という習慣として位置づけられる気がします。
タケノコOT
2012/05/21 09:31
きくりんさん,ども^^
眼の色変わりましたか?^^

良かった!良かった^^
愚痴本に関しては親の欲目が働いてしまうので,たぶん・・・すげーって感じますよw
管理人
2012/05/25 11:00
考えているOTさん,こんにちわ^^
無職ではないですw どの流派にも属していないってことです♪ 自由極まりない状態ですので,危なっかしいw
医療の中で作業をっていうのを広める作業は,大変ですが,やりがいのある事だと思っています.
達成できる自信は全くありませんが・・・
難しいですね・・・ 正直^^;
良いのか悪いのかも,歴史が決める感じかな?
勝ったものが正しいって感じだねw
管理人
2012/05/25 11:05
私は,
PTは,生きるすべを
OTは,生きるさまを
練習していますって言っています.

使える場とそうでない場があるので,空気を読まねばなりませんが・・・
管理人
2012/05/25 11:06
696969さん,どうも〜^^
OTが変わる必要があるのか?って部分も選択肢に入れようと考えている今日この頃ですw
OTを変えず,法制度,医療の中のOTの認識を変えてもいいのかな?ってね.
相当な強い効果を示す必要ありですが・・・
管理人
2012/05/25 11:09
タケノコOTさん,おひさ^^
さすが! そうだと思います.
即自的効果ではなく,継続的に効果を出すという事を念頭にOTが出来る事,提供できる事を考えていくと,そういう事になると私も思います.
これを,どう広げ,どう認知してもらおうかね〜?
管理人
2012/05/25 11:12
理学療法士をしているものです。すごく刺激的なお話です。参考になります。
理学療法士です。
2012/05/27 21:25
大変失礼いたしました<(_ _)>
削除致します
管理人
2012/06/10 18:01
お忙しい中、迅速な対応をしていただき誠にありがとうございます。

今後もご注意いただければ幸いです。
それでは失礼いたいします。
cubismer
2012/06/10 18:09

コメントする help

ニックネーム
本 文
よりよい作業療法を目指して 作業療法士の愚痴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる