作業療法リーズニングの教科書までの道 その7

c64bb5ad37.jpeg

① 科学的リーズニング
② 物語的リーズニング
③ 実際的リーズニング
④ 倫理的リーズニング
⑤ 相互交流的リーズニング

と5つの枠を手に入れたので,これを使えばきっと!
見えなかった作業療法独自の思考が,可視化出来そう♪


というわけで,チャレンジしてみました.











自分の臨床を5つの枠で表現してみます!






片麻痺の70代の方です.

科学的リーズニング
クライエントに適応する上肢アプローチを文献から見つけた!
では,その戦略に沿ってコップを掴むという作業を提供してみよう!




物語的リーズニング
クライエントと面接を重ねた中で,犬の散歩が習慣づいた家族の中での
大事な役割であることが共有できたことから,犬の散歩に関する
作業を提供してみよう!





実際的リーズニング
職場にはADL室,訓練室があり,数百点の物品が用意されているため,
クライエントに沿った作業提供ができる環境にある





倫理的リーズニング
OT時間1時間の中で,やりくりしなければならない.
しかし365日リハを提供できる.





相互交流的リーズニング
会話の中で,上肢機能が回復することに時間がかかることは分かっている.
腕が動かなくても犬の散歩が大事!犬の散歩をできるようにしてもらいたいとの
要望があり,その点を重点的に関わることが望ましいと感じた.







と5つの要素に得た情報をただ入れてみた.









う~~~~ん・・・・







やってみて感じたことは,

① 上肢機能訓練するの?犬の散歩練習するの?焦点は何?それが明確にならない
② 実際的Rと倫理的Rがあまり役に立っていない気がする
③ なんだか静的で,OTの臨床を表せていない









問題山積で,全然うまくいきませんでした....


枠があるからといって,OTのリーズニングが解決
するわけでは・・・ ないのね・・・






どうしたら??   つづく
















shinpai_man.png

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント