意図的関係モデル(IRM)

118599819_343987510312423_6252680126166079786_n.jpg

臨床実践の中で,

協業したり,擁護したり,共感したり,励ましたり,指示したり,選択肢を与えたりと

その場面や,クライエントの感情,課題に合わせて,

OTのかかわり方を変えていませんか?



これは,作業療法士とクライエントの関係が,

作業療法の効果に大きく影響すると感じていて,

みなさんは,関係性をコントロールしているのです.



作業療法士の自分を!作業療法の中で治療利用する!!

これが「意図的関係モデル(IRM)」です.

IRM:Intentional relationship model




意識的,無意識的に限らず,誰でも行っています!


でもね


無意識で行っている人の治療的利用効果と成長は

意識的に行っている人に,到底かないません.

私たちは専門職作業療法士です.



意識的にコントロールしてこその専門家なのではないでしょうか?






OTが努力すべきものとして

1.対人技能の基礎

2.治療的雰囲気

3.対人関係のリーズニング能力 が

示されている.





すごく簡単に説明すると

1.安心して任せてもらえるように,色々知ろう!信頼してもらおう!

2.クライエントに必要な言動が促されるようなキャラで関わろう!

3.どのタイミングで,何を話すか,提供するか,予測して行動しよう!

です.




こちらを参考にしました.











そして講習会を準備いたしました.

意識的に使える,専門職作業療法士として狙った効果を出せる!

学ぶ努力を行うのが,本当の作業療法士の姿ではないでしょうか?



https://shounanot.wixsite.com/shounanot/schedule

118599819_343987510312423_6252680126166079786_n.jpg



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント