MOHO事例検討会

画像


ちょっと前の話ですが,



私いちおー OT部門管理者なのよー



でね,OTの子から


「あの~壁にタイル貼る作業をしたらまずいですよね?」って...


















タイル??????













こんな感じか??

画像




















ど.... どうやんの?って聞いてみたら




「壁にべニア貼って,その上に,こて使ってタイルを貼っていきたいんです」 と・・・


画像













病院内OT室で,そこまでやるか!!!! と思いましたが,








正直なところ




















おおおおおおお

見て~ とにかくその姿を見たい~~~~







という衝動を抑えられず,各種方面の許可を得ず,
















ぜひ! どうぞ



って返事をしちゃいましたwww


















その翌日から,OT室で左官業が実施されていましたとさ

勢いがあるよね~ 最近の若手は^^;

















そんなありえない画像と動画を持って,事例検討会に挑むらしい^^;

3年目なのに偉いな~^^








見たい人は,MOHO事例検討会(東京)東部地区へどうぞ!

[第36回] 7月5日(日) 13時30分から17時まで!

申し込み等は,日本作業行動研究会の研修会情報からね




画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

驚いた
ナイス

この記事へのコメント

  • ややちゃん


    初めまして!
    遊びに来ました!
    これからヨロシクお願いしま~す

    2009年06月27日 17:37
  • さっつ

    愚痴本の新刊もかなり勉強させてもらえました。
    全巻揃える予定です。何年でもまっちゃいます。
    そうそう、車の運転のゲーム、あれが気になりました。

    左官業いいですね~
    私も、見たいなー。
    …東京か。
    2009年06月27日 23:13
  • 管理人

    ややちゃんさん,はじめまして^^
    こちらこそよろしくお願いします^^
    2009年06月28日 08:15
  • 管理人

    さっつさん,先日はどうも^^
    愚痴本をご愛用いただきありがとうございます^^
    皆さんが定年を迎えるまでには,全巻・・・

    ん?全巻・・・

    何巻まで行こうか・・・

    車のゲームは,PS2のグランツですw
    アクセル・ブレーキ,ハンドル付き!!
    元プチ走り屋ですので,ああいった物は好きで^^;

    またのお越しをお待ちしておりますw
    遠いいですよね・・・・・
    2009年06月28日 08:18
  • さっつ

    全巻。ふふふ。

    なるほどPS2ですか。
    私も車は好きです。意外と。
    下手ですが。

    物理的距離は、地方と中央の格差になりますね。
    高校の国語の先生が「愛は国境どころか県境も超えない」と言っていたのが身にしみます。
    2009年06月28日 20:45
  • 管理人

    国語の先生・・・・

    そんな真実を・・・w

    確かに身にしみる言葉ですね^^;
    2009年06月29日 13:54
  • てじゃわ

    愚痴先生こんにちは。
    楽しく、ためになる愚痴本ありがとうございます!
    時々読み返しては日ごろの臨床に活かそうと努力してます。
    私はいつも西部地区の事例検討会にお邪魔してますが、こちらの記事を読み大変興味を惹かれました。
    OT室での左官業とは?
    これは見なければ!ということで東部地区の事例検討会にお邪魔しようと思います。
    私、こういうダイナミックな発想大好きです。
    それでは後日改めて感想を述べたいと思います。
    2009年07月01日 12:57
  • 管理人

    てじゃわさん,こんばんわ^^
    私も東部地区へは,行ったことがないのですが,
    同級生やら院生時代の恩師やらが運営しているので,授業みたいで・・・
    あの日々を思い出したくなったら参加しようと思っていますw
    発表者は,日々不安をもらしていますので,お手柔らかにw
    2009年07月02日 21:25
  • 512

    はじめまして、いつも楽しみにしています。10年目のOTです。 最近改めてMOHOを勉強しているのですが、なかなか進まず・・・苦悩しながらも楽しんで一歩ずつ進んでいる感じです。 突然ですが質問があります。個人的原因帰属の解釈に苦労しております。ぜひわかりやすく説明していただければと思うのですが・・・よろしくお願いします。 またお邪魔します。
    2009年07月02日 22:34
  • 管理人

    512さん,おはようございます!
    個人的原因帰属は,能力の認識と効力の認識だと思います.自分にはどのような能力や限界があって,どのくらい物事が出来るかという経験からつくられるイメージです. どのような自己像を描いているかという事でしょうかね? OSAⅡやGSESを使って,その程度を知ることが出来ると思います.
    2009年07月03日 09:33
  • 512

    わかりやすい説明ありがとうございます。昔は難解でなかなか興味を持てなかったMOHOも、あらためて読み進めると自分が対象としている領域の奥の深さに・・・遅ればせながら感動と興奮をおぼえながら毎日文献と格闘しています。早く臨床に活用できるようがんばります。
    2009年07月03日 19:29
  • 管理人

    512さん,こんばんわ^^
    私も学生時代に習っていたようですが,記憶の片隅にもなく,数年前に会った恩師に怒られました.
    あの時に教えたでしょ!!って・・・

    もう怒られないように,もっと頑張らねば^^;
    お互い頑張りましょうね^^
    2009年07月03日 21:44
  • てじゃわ

    愚痴先生、こんにちは。
    事例検討会行ってきました!
    3事例中群を抜いて興味深い発表でした!!
    愚痴先生もビデオにチラッと登場してましたよ。
    発表では患者様の意志を最大限に尊重して意味ある作業を提供しようという姿勢がひしひしと伝わってきました。
    考察の中でこの左官業が余暇なのか?仕事なのか?解釈が分かれてました。
    先生方の解釈では仕事でなく、本人に価値のある作業ではあるが余暇であろうとの解釈でした。
    でも、私は左官屋の職歴があったからこそ本人の意欲を引き出したのではないかと思います。
    作業が習慣づいたのも仕事の延長としての作業という本人の認識があったからではないのでしょうか?
    発表って難しいですよね。
    同じ事象でも解釈の仕方はさまざま。
    おそらく誰もが納得できる解釈って存在しないのかも知れませんね。
    ところで愚痴先生の病院では元々MOHOを学んでいた人をスカウトしているのですか?
    それとも入職後に愚痴先生がみっちりと仕込まれているのでしょうか?
    2009年07月06日 13:30
  • 管理人

    てじゃわさん,こんばんわ^^
    MOHO事例検討会参加ご苦労様でした^^

    そうそう!あの動画を編集したのは私ですもんw
    編集者特権で,私を残しておきましたwww

    確かにあれは完全に余暇ですねw
    知っていましたが,議論を促したくて,ノータッチで行かせました^^ 勉強になるし^^
    左官の経験がスキルとして定着しているからこそ,楽しめた作業になります^^

    うちの病院ですか?
    スカウトなんてしてませんよ^^ スカウトしていたらもっと若くて可愛いオナゴに囲まれた職場にしていますってw 勉強を楽しめる環境を作っていますので,発表した彼も,MOHOだけでなく,作業科学や住環境にもかなり精通していますよん. 私は人に何かを押し付けたり,仕込んだりしないっすw めんどくさいしww

    うちには色々な色がありますので,お互いに披露しあって,全員がMOHOを知り,ボバースを知り,高次脳を知り,住環境を知りみたいな感じです.
    2009年07月06日 22:10
  • 512

    愚痴さんこんばんわ! 先日愚痴さんの研究報告を読ませていただきました。回復期病棟における主観的効果についての研究非常に勉強させていただきました。私も回復期病棟に勤務しているのですが、ひとつ質問させてください。MTP・STP・NTP群で、退院後の活動レベルの変化に優位差は見られているのでしょうか?正確なデータでなくても愚痴さんの印象でも良いのでお答えいただければと思います。回復期病棟勤務の中で、同じ到達レベル(FIMなど)に達し退院するならば入院期間は短いほど良いという空気がどうしてもあります。しかし、退院後の生活を調査すると、ADLが高得点で退院しても退院後下降するクライアントや、低得点でも維持・もしくは緩やかに上昇するクライアントもいます。様々な環境因子が絡む問題ですから一概には言えませんが、やはり機能障害や直面した生活上の問題に目を向け解決するだけでなく、クライアント自身が自分の作業に目を向けるための期間・関わりが必要であると私は考えています。しかしどうしても到達可能であろう活動レベルと環境・サービス調整などの進行具合のみで入院期間を決めてしまっている現状があります。
    2009年07月09日 23:50
  • 管理人

    512さん,こんにちわ^^
    読んでしまいましたか?
    退院後の生活に関するデータ収集をしていませんので,なんとも言えませんが,NTPは依存傾向にあり,TP群はプログラムに関する多くの意見をお持ちでしたので,作業に関する知識や関心は,TP群方が強そうに感じました.その事を踏まえ考察すると,NTP群の活動は依存的であり,活発ではない可能性が高いと考察しております.御指摘の内容は,私も感じている事ですので,そういった内容のデータは欲しいですね.今後の課題にします! 一緒にしませんか?w
    2009年07月10日 13:07
  • 512

    愚痴さんありがとうございます。”一緒に是非お願いします”と言えるようなOTになれるよう頑張ります。現在私の職場では退院後の追跡調査はADL遂行状況がメインです(勿論重要ですが)。これからは"なぜ活動レベルが維持されているのか?””されていないのか?”を作業バランス等、作業的な存在としての評価を加えながら考察し、入院中に評価・介入が不十分であった要素を作業的視点から抽出できればと考えております(なかなか進みませんが・・)  またお邪魔します。おやすみなさい
    2009年07月12日 00:00
  • 管理人

    512さん,こんにちわ^^
    退院後の追跡調査うらやましいです!
    当院にもその研究を狙っている人がいますので,報告を待っていますが,きっとあと2年かかるので・・・
    何か要因が分かったら,ぜひ教えてください^^
    2009年07月15日 13:03
  • 面白いですね!

    こんにちはOTRじんじんです。
    壁にタイルの部分を呼んで、かつて担当した大工の患者さんと病院の壁にドリルで穴を開けたのを思い出しました(笑)
    勿論OTの一環でですよb
    その患者さんと病院の至るところを修理してまわりました。楽しかったなぁ。
    2009年10月21日 11:10

この記事へのトラックバック