研修終了!!


専門コース(必修専門) 高齢者・高齢障害者に対する作業療法に参加してきました。

すごい研修内容でした! 作業行動理論からMOHO、OSといった内容を事例検討の形で
ディスカッションしたので、もうレベル高いのなんのって そりゃ~大変でした。
おかげで大量の収穫がありました~ ヾ(*゚▽゚*)ノ あはは

内容
① 講義関係
 ・作業行動理論
 ・ICF
 ・作業科学(作業の意味・機能・形態、作業バランス)
 ・クリニカルリーズニング

② ディスカッション関係
 ・CMOPを理論背景としCOPMを使った事例 ナラティブを中心に
 ・MOHOを理論背景としOSAを使った事例 作業環境拡大を中心に
 ・OSの視点で作業バランスに注目した事例 余暇の使い方を検討
 ・作業行動理論を理論背景とし役割獲得モデルを使った事例 
    機能回復に固執した事例の価値変化を目指して
 ・作業行動理論を理論背景としタペストリーを導入した事例 作業的存在の自己に視点当て

どうですか? すごい内容じゃないですか? 機能回復に視点を当てるのではなく、慢性疾患と共に生きる課程を作業療法で求める大切さを学びました。
興味のある方、ぜひ参加して見てください (゚◇゚)ゞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

  • ぷろPT

    OT協会の研修も素晴らしいですね。我々PTは課題を使ったり、物を介しての動きや活動をOTの手法を学ばなければいけないと思っています。またいろいろ教えて下さい!
    2005年11月14日 23:05
  • 管理人

    ぷろPTさん、いつもコメントありがとうございます。コメントを頂けると励みになります!愚痴だけでなく、ためになるブログをすこ~しずつ目指しますね。
    2005年11月15日 20:34
  • ぷろPT

    私のブログのコメントありがとうございました。愚痴なんてコトはなく、すごく建設的な意見をいただきました。私は、PTのまねごとをしているOTが多いことに疑問を感じています。そんなコトしているんであれば、OTは要らないとも思うこともあります。本当のOTの仕事って違うのでは無いでしょうかねぇ!
    2005年11月15日 23:43
  • 管理人

    ぷろPTさんへ
    私もそう感じています。しかしOTの分野は、笑顔が増えた・意欲が増した・行動範囲が広がった等の質的な効果が多く、新人であったり勉強不足であればスタッフとの関係上、目に見える量的な効果を求めてしまう傾向があります。ご指摘の様に本当のOTは、そんな事はしません。分野であったり、職場環境にもよりますがそんなOTは必要ないと感じます。
    2005年11月16日 21:55
  • きくりん

    管理人さん、ぷろPTさんへ
    ぷろPTさん、はじめましてOT1年目のきくりんと申します。管理人さんの事を勝手に師匠と仰ぎ色々と教えを頂いております。
    私は現在老健でPT・STと共に働いております。
    『PTのまねごとをしているOTが多いことに疑問を感じています』
    痛いところって感じです。でも、老健ですと意外とミニPTをやっていると利用者様に飽きられることもあります。というか、目標が無くなってしまうのです。「リハビリ人生」の人ばかりになってしまって行く気がします。
    私の施設のPTさんは、私のせいで結構OTぽい事をしてもらっています。(訓練よりも遊びを・・・、頑張りよりも楽しみを・・・)
    きっと、「何でこんなことを・・・」と思われているかもしれません。
    まだまだ、勉強不足な私のコメントですのでたいした事は書けませんが師匠に付いて行きます。

    管理人さんへ
    また、楽しそうな勉強をしていますね
    時間を作って詳細を聞きに行きますので、是非お願いします。
    2005年11月20日 15:57
  • 管理人

    きくりんさん、どうも
    師匠ですか・・・支障の間違いでは^^;
    12月1日に伝達講習 私バージョン開催します。またか?とお思いでしょうか?
    必殺の超噛み砕きお笑いバージョンにしてお伝えします。是非お越し下さい。メインは作業バランス概念の導入及び有用性についてを伝達します。
    2005年11月21日 22:11

この記事へのトラックバック

人間作業モデル
Excerpt: 愚痴OTさんのブログ「作業療法士の愚痴」より. ■おめでと~ すべての作業は個人の環境で生じるものであり,環境は時に遂行の機会を提供し,時に特定の行動を求めて圧力をかけるものである.つまり人間作業..
Weblog: ここからぶろぐ
Tracked: 2005-11-29 22:35