人間作業モデル事例検討会(神奈川)

画像
先日まで頭痛、めまい、喉の痛みに襲われて・・・ 更新をおろそかにしまくっていました~

病み上がりですが、明日は人間作業モデル事例検討会(神奈川)です。
実は・・・今レジメが完成!ぐはははは 後手後手 _| ̄|○ ガクッ
吟味全然出来てないんです・・・ どうしよ~・・・
ま~ 1年頑張ってきたし、半年前に名古屋で発表した時よりはマシになってると思うんだけど
盛り上がると良いな~ 

今回のテーマは
全失語クライエントに対して人間作業モデルではどう捉えるのか? です。

人間作業モデル評価法を見てみるとナラティブからの介入が多く、バーバルコミュニケーションが困難な失語クライエントに対して、個人的に苦手意識が芽生えます。
第三システム理論であるオートポイエーシスを導入する事でスッキリする様な気がしますがm(- -m)~呪~(m- -)m なんせ難しいから・・・ムリっ

でも私なりの介入、評価を実施しています。皆さんと意見交換できれば幸いです。
ではでは~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック