作業療法士の愚痴

アクセスカウンタ

zoom RSS WFOT声明書から読み解く今後

<<   作成日時 : 2016/05/11 14:49   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像




講演本2 OBP編も完成し,もう一度WFOT声明文を読み返しています.

講演本はこちらから〜











とある大物OT様から頂いたものですが

画像






画像





という感じを受けたので,書き残しておきます.



〜〜以下意訳〜〜

【WFOTによるOTとは?】

作業療法はクライエント中心であり,作業に焦点をあてたものである.

人々の主観的な参加の経験に価値を置き,

人々の知識,希望,夢,自律性に敬意を払う.

→トップダウンとOBPと心理学と作業行動でOK?



【OTの機能訓練について】

機能主導から作業主導にパラダイムを移行したが,

多くの実践家は機能主導に留まることを選んだ.

機能訓練はOT実践の中に位置づけられるかもしれないが,

OTの周辺知識・技術であり,OT実践の中核ではない.

→ 機能訓練もありだけど,中核じゃない!



【OTのADL訓練について】

OTの本質は作業行動を通して生活に導く事だが,

ADLは人間作業の1つの大きな要素だから,

OTはADLのエキスパートであるべきである.

しかし反復練習等ではなく,全体的な視点で

ADLを捉え介入すべきである.

→ADL主導ではなく,生活の中のADLとして
生活に焦点をあてて包括的にADLに関わることが必要



【OTのゴールってどこ?】

作業療法実践は参加の観点あるいは

満足度で判断されるが,作業参加に関して言えば

個人が自分で変化させることができるという点に

目標を置く必要がある.

→どれだけ参加できるか!満足を感じるか!
生活は張りぼてではなく,自分で問題を解決できる
そういう知識・心理・アクセスを付与すること!



【作業療法発展に向けて】

WFOTは作業科学の重要性を認め,作業科学の

成長と発展をサポートする.人間作業の理解と

可能かについての知識技術はOT実践で必須である.

→OTは作業科学を知らなければならない!



【作業科学なんて習っていない!】

WFOTは2014年に教育最低基準を更新し,

学士同等(大学卒)のレベルとした!

今後専門卒の人に対してはサポートプログラムを用意し,

適切な教育を受けなければOTと名乗ることを許可しない?

→日本は認定OTでもOKなのかな?
先を見た準備をしておいた方がいいと思います.



【OT教育の今後】

世界のOT教育は専門学校,大学,修士のレベルがあり,

アメリカでは博士レベルも検討されている.

今後高い水準に移行することを期待する.

→OT博士学位であるOTDが欲しいな〜・・・



【では学校の先生は?】

教員には高い学位,大学院レベルの質を保つべきと

考えられている.

→ 一般教員=修士,管理職教員=博士 かな?











さて,皆さんの作業療法を見直す時期です!

今こそ,職場のOTを改革する時です!

新たな動きに飲まれる前に対策を!!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
WFOT声明書から読み解く今後 作業療法士の愚痴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる