作業療法士の愚痴

アクセスカウンタ

zoom RSS アメリカ作業療法とスウェーデン作業療法

<<   作成日時 : 2014/03/08 22:05   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 3

国際色満載のこの話題^^

文字ばかりなのでご注意(忙しくてw)


最近,ちょっとした偶然の出会いにより

アメリカの作業療法とスウェーデンの作業療法に触れました.





ここに書き残しておきたいと思います!





まずは,アメリカの作業療法!

(アメリカのOTさんと私の質疑応答ですw)

1.OTのライセンスは,国家資格と州資格があり,州の資格は更新性(2年)

アメリカでは国家試験に受かるとNBCOT(National Board for Certification in Occupational Therapy)という機関からOTRの肩書をもらえます。それに加えて、アメリカでは州によって法律が違うので自分の働く州でライセンスを取得しなければ働けません(OTL)。州によってOTができることも少しずつ変わってきます。



2.ライセンス更新は,分野ごとの研修会に参加する単位制

NBCOTの更新は3年ごとで、36PDUs(Professional Development Units)が必要です。
カリフォルニア州の免許の更新は2年ごとで、24PDUs必要になります。
更新しなくてもOTの免許自体はなくなりませんが、NBCOTも州の方も“Active”のステータスを保つ為には更新しないといけません!

PDUを稼ぐための講習会は全国色々なところで色々な講習をしています。オンラインの講座もあります。OTだけの講習もありますし、OTとPTと他の医療プロフェッショナルが一緒にやるものもあります。
講習会以外にも様々な方法でPDUを稼ぐことが出来ます。



3.OTの領域には,OT,COTA,無資格の助手Occupational Therapy Aidesの3通りの専門職がいる

OTが一番上の資格で,その指示で動くのがCOTA! そのサポートがOTAです.




4.リハ医は,ほとんどおらず,介入方針や目標の決定はOTが行う

リハ医というものが多分アメリカにもいるんでしょうけれど、あまり見たことがありません(笑)
もしかして大きい大学病院とかに行けばいるかもしれません。
アメリカの病院やその他のリハ施設でも医者の許可なしでは患者は見られません。Initial Evaluationをする前に必ず確認しなくてはいけないのは、その患者に医者からのOT orderがあるかないかです。でもorderさえあれば、後は基本なんでもできます。目標の設定もどんなセラピーをするかもOTしだいです。
患者のDischarge PlanもPTとOTが中心になって決めます。まあ、最終的に許可を出すのは医者ですけど・・・。




5.給与水準は,日本のOTの倍である (日本の平均は400万円/年 ですが,800万円程度でしょうか?)

え、400万ももらえるんですか?だとしたら、ちょっと盛り過ぎた気がします、すいません。
私のいたカリフォルニア州のとある場所ですと、SNF(Skilled Nursing Facility)で新卒(OTR/L、MS)で時給$35は最低でももらっとかなきゃダメだよ、という話でした。1ドル=100円とすると、$35x8時間x5日x4週で$5,600=月56万円ってとこでしょうか。まあ、税金でガッポリ取られますが、新卒としては十分ですよね。
もちろん、州やどの分野でOTをやっているかによっても給料は変わってきます。経験を積めば積むほどOTとしての価値が上がってくるので、その分給料も上がります。



6.施設によって違うが,OTが指示を出し,COTAが実践を行う施設や,OTが実践を行う施設など,様々である

私の経験ではそうだと思います。




7.教育としては,モデル系は教育過程で深く行うが,実践場面で行っているとは限らない.

そうですね、これもどのOT分野で働いているかによって変わってくると思いますし、モデルの種類によっても変わってくると思います。例えば小児OTの分野ではSIやNDTが、私が学生の頃は盛んに使われていましたし、精神OTの分野でも特定のモデルを使うことはあると思います。
身体障害の分野では、どうなんでしょうか・・・。もしかしたら回復期リハの中でもAcute Rehabilitation Hospitalsと言われる施設では積極的に色々なモデルが使われているかもしれません。でも、私の経験ですと、MOHOやPEOなどのモデルは学生時代に結構早い段階で「またMOHOかよっ!」ってツッコミたくなるくらいやらされるので、使うというより、『そういう考え方を持ったうえでOTをする』と言った方が私的にはしっくりきます(笑)




8.アメリカは,ONとOFFが明確なため,残業はほとんど行わない

サービス残業はないわけではないですが、基本みなさん割に合わないことは嫌いなのでやりません(笑)まあ、仕事が時間内に終わらなければ、嫌でもやらないといけませんが。
でも残業代が出るのであれば、喜んでやる人もいますし、そうでない人もいます。




9.アメリカの職場に対する考えは,環境をより良くするとの努力よりは,環境を変え,よりよい施設を探すとの考えが多い

これもひとそれぞれです。自分に合わないと思ったら早い段階(ひどい時は1週間以内)で見切りをつけて他の仕事を探す人もいますし、努力して上と戦って疲れて辞めていく人もいます。もちろん、私のように仕事だと割りきって妥協して続ける人もいます(笑)
アメリカでもOTの需要はまあまああるので、自分の嫌いな施設や会社で頑張るよりは他を探した方がいい、という考え方の人が多いかもしれませんね。




10.経験年数の高い者,資格の多い者,学歴の高い者ほど優遇され,給与水準も高い

これはそうだと思います。




11.努力(資格取得等)は,給与に直接つながる構図である (学会発表等は?)


学会発表が給与に直接つながるかはわかりませんが、そのひとのOTとしての評価にはつながると思います。就職にも有利になってくると思いますし、研究を熱心にやっている病院などですとOT業界のそのひとへの評価がその病院の宣伝にもなりますから。




12.アメリカは1単位15分である. (単位取得の上限ってありますか?)

私がインターンをした急性期病院では、一単位15分でした。単位取得の上限があったのかは、正直覚えていないので、調べてみないとわかりません。SNF(Skilled Nursing Facility)では、何単位で数えるというよりは、患者一人当たりに何分まで、と保険で決まっています。ですので、保険によってどれくらいセラピーを受けられるのかが決まってしまいます。



13.人間作業モデルは,皆が習っていると思う (カナダモデルはどうでしょうか?)

MOHOもカナダモデルもみんな知っていると思います。有名なので。



15.OTは,最低でも6年課程(MS)である.6年学校へ行かないとOTになれない!

そうです!





以上




どうでしょうか?


努力したらしただけ給与が上がるっていうのは,いいな〜

私なんて,どこも雇ってくれないって言われているくらいですからね(>_<)

有名になること=臨床では,新規OPENの施設くらいしか雇ってくれない!

たしかにそうだよな〜




どお?私が皆さんの施設に就職希望出したら,

皆さんの上司は,絶対嫌がるでしょ?w

地位を脅かすかもしれないし〜www



努力して結果を残すと,嫌がられる日本の現状!

どうにか変えたいですね(>_<)



それにしても月に56万円が初任給って・・・

凄すぎて・・・ ビビりますね(^_^;)

がんばろっと!


















続いては,スウェーデンの作業療法!!

こちらは,モノウェルビーイングさんの全面協力で実現した奇跡!




河本さんにお会いする機会を貰いました!!!

ありがとうございます(^o^)丿


画像





スウェーデンの作業療法!!


1.国民性は自己主張,ニーズはドンドン言う

2.スウェーデンで考える平等とは,等分ではなく,必要な人に多くが平等という考え!
  だから,障害者への支援は,すごい!でも当然という考え!

3.医療チームに「余暇コンサルタント」という専門職がいる!
  この国は,余暇を大事にしており,余暇のための仕事だから,退院した後の余暇!
  これはとっても大事な意味を持つ! だから専門職までできた!

4.OTの役割は主に「ADL」「作業」「手」「補助具」「住宅改造」「余暇活動」

5.福祉用具や住宅改修は,無料で必要なだけ手に入る!

6.60人くらいを担当している!必要な時に○○したい!と本人から連絡が入ってくるシステム
  連絡が来たら対応する感じみたい

7.重度の子に対して,学校では,移動する道具,立たせる道具,座らせる道具などなど 
  すごく沢山の物品を用意している!これは当たり前の光景!

8.この国で最高に損をしているのは,独身で健康で,子供がおらず,独居で収入の多い人!
  国の援助得られないのに,凄く多くの税金をとられるんだって


以上





税金が,とにかく高い!なので,国からの援助は当然!という国民性みたいです.

障害者に優しい社会だね^^


今回主催してくださったモノウェルビーイングさんは,

このスウェーデンのシステムを湘南でも実現しようと!!

頑張ってくれています^^ すごーーーい!!







いや〜貴重な体験でした^^



アメリカ!スウェーデン!二人からもっともっと話が聞きたいと思いました^^



そう思いませんか?


















な〜の〜で〜

































お二人には,湘南OTで講師をしていただくアポを^^



とってあります!!!!!!!!!!!







ふふふふふふふふふふふ





こうご期待^^




湘南OTを今後ともよろしくお願いいたします^^

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。

お話し、聞きたい!です♪
すっごいですね^^
まる
2014/03/11 20:29
まるさん,ありがとうございます.
頑張って,お話して頂けるよう努力します!
アメリカOTとスウェーデンOT!!魅力的ですよね^^
管理人
2014/03/12 20:57
こんにちは^^返信ありがとうございます♪

非常に魅力的です〜♪♪
お話し聞きたい方たくさんいますよね〜きっと^^
まる
2014/03/13 08:57

コメントする help

ニックネーム
本 文
アメリカ作業療法とスウェーデン作業療法 作業療法士の愚痴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる