作業療法士の愚痴

アクセスカウンタ

zoom RSS OTって・・・

<<   作成日時 : 2011/08/03 11:02   >>

面白い ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 23

唐突なタイトルですんません




いや〜 湘南OTのトップダウンスキル講習の構想を具現化中なのですが,




ね〜ね〜





OTってさ〜





画像






どこからみるの?







皆さんどっから始めてんの?
















私が養成校で学んでいた時代は,病気から見るって習いました.

画像


患者さんを担当する前に,疾患の情報を収集しろってね















そんで,検査すんの


画像




機能と構造の部分かな〜?














次にADL見んの

画像















こんな感じだね〜
画像














そんで自分でもひどいと思うんだが


そこから他の部分をこじつけて,適当に語るのw

個人因子はどうだの,環境は残存機能ではどうだの,参加は出来ませんとかw

画像





















でも,今そうしているか〜?って考えると〜








う〜〜〜ん・・・











ぜって〜してね〜w




※領域や職場環境によって求められる事もあると思いますので
  否定しているわけではありません.













どこから始まるかを考えると〜








ここだね! ここ ここ

画像










でも,どうやっているのかは〜ひみつw

湘南OTで会いましょうwwwww








只今,ケースの面接ビデオと,分析方法を構成中!!

参加者が面接を捉えられ,語れると同時に,分析し,OT介入につなげられる

そんな講習プログラムを練っています!!!




こうご期待ww
画像










って書いている途中に〜〜

来た!来た!

フラット35s終了のお知らせ!!と

住宅エコポイント終了!!!


そっか〜  そうなんだ〜


どちらも12月までの募集だったはずなのに

打ち切りになったんだね〜


おっかね〜



ちなみにフラット35sは,35年間固定で住宅ローンを組む際,

当初10年間に限り,金利を1%免除する制度です.

エコ住宅に限ってね!!


これで数百万円変わりますので,大きな話です.



そして,住宅エコポイントも,35万円かな?

エコ住宅の新築や改築で貰えます.



それでエコ住宅が乱立していたのだが,

こんなに早いと・・・・


10月建てる人,相当ヤバい事になるね・・・






建てて良かった,我が家^^

6月末に完成しました^^

ギリギリセーフ(^^ゞ

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 5
面白い 面白い 面白い
ナイス
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(23件)

内 容 ニックネーム/日時
またまた、難題を・・・

私の見方は、まず目の前の"その人"です
ってことは、やっぱり個人因子ですかねぇ


"その人"を「過去」「現在」「未来」で考えてます。
次に"その人"を取り巻く「環境」かなぁ


その次に位に、能力、機能、病気かしら・・・


どこからみ(観、診、見)ているの?
って、聞かれると自信がなくなる今日この頃
きくりん
2011/08/04 14:59
きくりんさん、どうも〜^^
でもさ、でもさ、今のカリキュラムとか、実習って、個人因子から入る方法論を教えていないよね?
臨床では求められている?のに・・・
どうしてだろ? 
今までやって来たからっていう呪い?
どう思う?
管理人
2011/08/04 15:33
いやいや、侮るなかれ
個人因子に重点配備している科目もあります
卒研などむしろ個人因子探索を行っています
北関東の蛙
2011/08/05 11:27
地域に出てさ、クライエントの個人因子無視すると、その人に嫌われて、へたすりゃ他の事業所に変更されちゃいます・・・そのくらい、個人因子大事なのに、それを実感してない人は地域は応用編だから、経験たくさん積んでないと難しくてね〜とか言います。。。回復期だって、維持期(地域)だって同じ人間なのにね!!
yabuken
2011/08/06 00:46
正直、今までのカリキュラムのまま教科書の内容だけ教えてると、個人因子について考えることを教える機会は少ないと思います。

また、1年時に解剖学、生理学など基礎医学系を勉強する事が弊害を産んでいると思います。

なので、私が教えているADLなどでは、面接からその人の日常生活やニードを「過去」「現在」「未来」と分けて考えるように授業をしています。

今年も、グループ内の有料老人ホームで演習を行いましたよ。


まだまだ、授業として足りないのが教育現場のジレンマです(T_T)
きくりん
2011/08/06 06:53
北関東の蛙さん、はじめまして
ではないですねw
きっとw

御無沙汰しております。
先輩の所は、もちろんあるのでしょうが、多くの場合、その教育はさらっと!で済まされている様な印象です。実践レベルで教育はされていない・・・
そんな印象です(-_-;)
なんでだろ・・・
教育と臨床の乖離を感じる・・・
そんなことをキールホフナーも言っていたような・・・
管理人
2011/08/06 08:52
yabukenさん、お世話になってます〜
そうなんですよね!難しいんですよ!!
学校でも習わないし、臨床でも感覚でしか教えてくれないし、実践的な本もないし・・・
変えたいですね、この環境・・・
管理人
2011/08/06 08:54
きくりんさん、どもw
教育分野のしばりは全く存じ上げないのですが、1年生で解剖とか生理とか教えないといけないの?
教えなくていいって言っている訳ではなく、もうちょっとOTらしい根幹の部分(個人因子とか)から入って、その後に解剖とかの分野に入るとかってのは、ありなの?それが有効かどうかも分からないけど、選択肢の問題として知りたくて・・・
管理人
2011/08/06 08:58
私は分類から言うのであれば,個人因子から見ていると言えます.カルテを見る際にも一番気にするのは,生活歴の情報ですかね・・・(当然リスクを知る意味では疾患・既往もチェックしますが)

重度の認知症の方を多く対象としていますので,表出される言動にはその人たちが生きてきた生き様が大きく影響しているだろうと考えるからです.
また,認知症も重度になってしまうと,身体・精神機能的な問題点(着眼点)が多く見えすぎてしまい,その人自身が見えづらくなってしまうような気がします.

しかし,他職種(Dr,Ns)の求めている情報はまだまだ機能的な面が多くありますので,そこの調和を保っていく上で機能面の評価も大切だと考えています.

長々と失礼いたしました
ウヒアハ
2011/08/06 10:06
ウヒアハさん、こんにちわ^^
問題点の抽出という昔ながらの問題志向型の考え方ですと、重度認知症の方は、確かに問題だらけになってしまいますね。皆がウヒアハさんの様になってくれると助かるのですが、そうでない方が多い印象を持ちませんか?
ちなみに、卒後まもなくから個人因子に着目されていましたか?私は臨床5年目からなの(-_-;)
管理人
2011/08/06 13:17
そうなんですよ
私も学校に教員として入ってから、「どうしてもっとOTらしいこと教えないんだろう???」と思いました。

学科主任に聞いたところ、「カリキュラム的には、順序を変えることはできる」と言っていたと記憶してます。
ただし、カリキュラムの変更は届出が必要なので今すぐにはできないとも言っていました。

それと、どうしても講師の都合でOT学科だけの動きができないのもひとつの要因になっているのではないでしょうか・・・

今年の1年生から、OT概論の方法を変えてみたりして、OTの実践場面や臨床のOTの姿を多く見てもらえるように、授業の構成を変えています。
その、効果(結果)がどのくらい先にならないと出ないかは、未知数です。

今日もIPEの講義を受けてきましたが、教育の場面からしっかりと意識付けをすることの大切さを感じました。
他職種との連携もクライアントの個人因子の診方も早いうちに教えて行かないと身につかないと痛感しています。

自分が今の学生たちにできることから、実践していきます。

なので、いつ花が咲くかわかりませんがもう少し待ってくださいねぇ


ちなみに、主任に提案したことは
1年生の時には、ひたすら基礎作業とOT概論と一般教養とリハ概論でICFの概念を呪文のように覚えさせる
2年生でADLを中心とした観察からの評価などの評価法を覚える
3年生で基礎医学系の知識を叩き込む(実習前にやらないと忘れちゃうから)後半は実習
4年生で国試対策と一緒に足りない教科を覚えてもらう。完璧な国試対策重視のプラン

を提案したことはありますが、ちょっと現実的では・・・
まぁ、妄想なのでこれでうまく行くとは思いませんが

何かいいアイデアありますか?
きくりん
2011/08/07 00:15
ご無沙汰しています.


最近は,
訪問リハを仕事で行うようになったのと

行政の介護予防事業に参加させて頂くように

なった事で気づいた事があります.

それは,
施設 病院 の HOME でのOT実践でなく
在宅や地域の活動場の AWAY でのOT実践という事


HOMEでの気楽さや護られている感じが
AWAYでは全くありません

そんな中で 一番大切と感じたのは
ご家族やご本人との会話や文脈( Narrative )
また,雰囲気(atmosphere)を読む事です

ナラティブリーズニングといいますか
アトモスフェアリーズニングと言いますか

広い意味で個人因子かもしれません
人を取り巻く雰囲気,文脈を察知できる
能力が問われていると感じます.

そこでは 筋TONE や 姿勢 や RANGE
MMT 等のリーズニングは
全くといっていいほど 求められていません

疾患のリスク管理は確かに大切です
だから,医学モデルの勉強も大事なのですが

ただ,在宅や地域活動場の現場で
OT が 実現可能なリスク管理は
血圧 体温 脈拍 顔色 等々・・・

何かおこった場合 担当医
訪問看護 ケアマネに至急連絡を
救急ならば救急車を呼ぶのが一番で
僕らの行えるリスク管理は限られている

故に 医学モデルもあまり活用されていない
ような気もします.
696969
2011/08/07 00:41
愚痴先生 お久しぶりです!

確かに僕もあえて言えば個人因子からかもです。
個人因子に焦点を当てて面接などの評価を始めると、自然に背景因子全般・活動参加・心身機能の情報も見えてきたり、評価の必要性がでてきたりして、包括的な見方ができるんですよね。結果的にクライエントも機能や活動が、作業の可能化にむけた要素であるという位置づけに認識しやすいのではないでしょうか? 私見でした^^; 
侍OT
2011/08/07 21:58
きくりんさん,どもw
そのままIPEとかIPWとかの導入をしてみてはどう?
おたくの主任さんには,以前IPEとかOSCEとか協力するからやってみなよって言ったんだが,いや〜我々が勉強してからお願いしますって返されて,早く勉強せ〜ゴルァ〜って毎日思っていますw
我々臨床家の召喚と出来るだけ実践に近い環境作りを要望します!! 協力するからさw
管理人
2011/08/08 17:02
696969さん,元気〜?^^
アトモスフェアリーズニングか〜 面白いね^^
そんな言葉ないんだろうけど,確かに考えると最大数示されているリーズニングでも6種類!それを全部網羅しても割り切れないリーズニングってある気がするね!!! アトモスフェアか〜それが入って7つのリーズニングだとOT領域全部網羅できそうね^^ でも半分反則かもww 雰囲気っていいね〜^^
管理人
2011/08/08 17:06
侍OTさん,お久しぶり〜^^
大丈夫でした???

そうなんですよね!おっしゃるとおり,個人因子に焦点をあててから入って行くと,おのずとトップダウンの作業療法になり,環境や機能,活動に波及して行く見方になるんですよね^^ 侍OTさんのように出来る人は出来るのですが,そこに価値を見いだせない人たちには・・・どうしたらよいのやら・・・

ところで・・・・
侍OTさん? 湘南に遊びに来ませんか?
もちろん講師でwww
ここで依頼すんなって? ね〜w
管理人
2011/08/08 17:12
愚痴先生 ありがとうございます。

福島もかなりの被害を受けましたが、おかげさまで元気にやっています(^.^)。 今ウチの職場でもICFの活用をテーマにした勉強会などを細々とやっております。また愚痴先生から学ばせていただければと思います。

湘南OTは・・・・無理でしょ〜(^^ゞ 
僕にはまだまだ人前で話せることなんてないです〜
ましてやツワモノ揃いの湘南OTでなんて・・・・
今度勉強する側として参加します!
侍OT
2011/08/08 21:32
愚痴OTさん
心強いお言葉ありがとうございます。

教育現場から変わって行かないとねぇ
臨床教育も変わらないでしょう

正直、専門学校の特色って考えたら、学力は大学に負ける
勝てる所は、行動力?かなぁ?

現場での実践力に繋がるような教育システムを作って行きたいです。

きくりん
2011/08/10 10:37
管理人さんへ

卒後まもなくと言いますか,卒前からでしょうか?!
学生の時からMOHOを教わっていたことは大きく影響してます.その為,意志や習慣といった個人因子に関わる事の重要性はなんとなく意識していました.
後は…「もし自分が,父親が,母親がリハビリを受けるなら,どんなアプローチがいいか」なんて事については今でも頻繁に考えます.そうするとやっぱり,重要視してもらいたいのは個人因子になります.だからやっぱり私は,個人因子を見ていくのかな?障害あったって人じゃん!って感じでしょうか?

問題志向型で考えてしまう人は多いですよね.複雑系はそれでは説明しきれないのに.
ウヒアハ
2011/08/11 20:03
侍OTさん,ご無事で何よりです^^
おほほほほほ
ご謙遜をw
いつでも良いので,お待ちしています^^
講師としてw
管理人
2011/08/21 06:31
きくりんさん,どうも〜^^
専門学校の特色と言えば!
自由なカリキュラムでしょ〜
今は型どおりすぎる感じがして,つまらん
管理人
2011/08/21 06:33
ウヒアハさん,そうですよね^^
複雑系が対象なので,ダイナミクスを見る必要があるのに,絞っていってしまう事が多いこの世界

何とか新しい流れを作ってみます!
できたらw
管理人
2011/08/21 06:36
なるほど
OT
2011/08/28 09:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
OTって・・・ 作業療法士の愚痴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる