作業療法士の愚痴

アクセスカウンタ

zoom RSS OTの技術とは?

<<   作成日時 : 2009/05/23 23:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 29 / トラックバック 0 / コメント 18

画像










おかげさまで愚痴本の作成と発送のやり取りが,日課になっています.

そういったフロー作業中って,空想の世界に入りませんか?

その空想の中で,日々考えていることがあります.




画像



































作業療法の技術(スキル)って沢山あるけれど,


最も誇れるメインの技術(スキル)って何だろう・・・と






























私の経歴を申しますと


入職草々の新人なりたての頃,先輩に「OTは骨盤を見ろ!」っていわれました.


画像

























で,すっげー嫌になって 先輩の苦手とする高次脳に走りw

画像













その中で,家屋関連の評価に行った時,卒然教育程度の知識では通用せず,


慌てて家屋関連のお勉強を始め,福祉住環境コーディとか取ったりしました.








その後,ファシリテーション関連をPTと共に学び,OTの力不足を実感・・・


OTを嫌いになっていきまして・・・







OTは隙間産業(PTとSTのしない隙間を介入する)だ!という名言を口にする日々www


画像




















でAMPS,MOHO,OS,CMOP,EBOT,心理系などなど



にOTの生きる道を見出し,進んできたんですが!










OTって・・・・





華々しいPNFとかのような,ダイナミックに皆にアピールする技術ではなくて・・・

画像























OTと一緒にいるとなんか元気になるよね?とか

OTの先生に褒められたくて,つい頑張っちゃうんだよね〜 とか

気づくと良くなっているんだよね〜 という

画像



空気のような・・・水のような・・・ 存在となれる事が技術なんじゃないかと・・・




やはり皆に理解されづらい,地味な技術なんだと確信するようになりました.































でも,そんな普通だとか,当然それはやっていると思われるかもしれませんが,

磨けば磨くほど,OTが見えてくる事だし,奥深くて難解な事だと気付きました.


画像



















たとえば,一緒にいるとなんか元気になるよね? と言われるために




その人の落ち込みの原因を探り

それに抗する興味や価値観を理解した上で,作業を選択し,

元気になるように,気持の盛り上がるような環境を整え,

最大の達成感を得られるような,距離を保ちながらのちょっとした介助を行ったり,

わざとらしくない声掛けをしたりと

高い分析技術,詳細な評価技術,作業の知識,環境の制御,各種心理学,

そして空気を読み即興的に組み替える判断力と構成力!













クライエントの気持ちを前向きにするという1点に費やされるOTの思考は,

そりゃ〜膨大なものさ!!



これって,世界に誇れるOTの技術だと私は考えます!!!!!






でも,これをOTのメイン技術として学び,進んでいこう!!

なんてOTは少ないんだろうな〜



とも思う今日この頃です.




愚痴本がんばろっとw  愚痴本でOTは変わる!!!














かな〜w











あ! 今日は珍しくそこそこ長い記事になったと満足してますwwww

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 29
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
面白い 面白い 面白い 面白い
驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
おはようございます。

久し振りです。
OSの会場でお会いして以来ですよね!?

AMPS、MOHO、OS、CMOPなどを
愚痴先生の影響で勉強したので、
とても有意義に長期臨床実習をしてます。
(体はボロボロです、助けて下さい・・・orz)

実習を通してOTの素晴らしさを実感しました。
AMPSは評価する時に武器になるな〜!!
MOHOで見落としていた問題点を拾えたな〜!!
CMOPで「人-作業-環境」の理解が深まったな〜!!
OSで作業の意味を考えたり、作業の力に驚かされたりしたな〜!!

まだまだ自分の知識は浅過ぎて
クライエントの変化は小さいですが、
クライエントの為にこれらの技術を
磨いていこうと思います!

あ〜早く実習終わってほしい・・・。
あ〜早く国試受かりたい・・・。
あ〜早く愚痴先生の勉強会に出たい・・・。
しゅ〜
2009/05/24 08:02
最近「エイジェント」という映画を見ました。
主人公はプロスポーツ選手の文字通り「エイジェント」
なんですが、契約している選手(顧客)の事を
「クライアント」と呼んでいました。

もし例えば、
外国のように病院が株式会社になった時、
まさに、医療はクライアントセンターでないと
潰れてしまうと思います。
個人保健や自費でのカナダとか
はまさに、クライアントセンターOTじゃないと
評価を得にくいのも納得できます。

逆に日本は、国の保険制度に守られながらの
OTなので、それに依存していて、
守られながらも、ぬくぬくOTであると・・・
倫理面等、かなり危険ですけど、
ホストクラブとかキャバクラのように
指名制であったらみんな、どうやって評価を得ていくの
だろうか?
そうなると、先生のおっしゃっている、
水のような、空気のようなOT技術というものは
やはり、他の専門職に比べると、
分かりにくいから不利だなぁなんて思いました。
生意気言ってすいません!
696969
2009/05/24 20:56
クライエントの気持ちを前向きにすることがOTの専門性ですか?

確かに、OTは精神面の勉強を少ししているのでPTよりも望ましい一面はあるように思います。

しかし、前向きにすることは他職種にも求められるし、CP等のほうが長けており、OTだけの専門ではないように思います。

また、
>空気を読み即興的に組み替える判断力
とあるように、人と接するセンスは重要なように思います。
逆に言うと、いくら知識や技術があって一生懸命努力しても、センスがなければクライエントの気持ちに気付くことができないので、なかなか前向きに出来ないのではないかと思います。

すると、やはり多くのOTの専門となりえるかどうか疑問です。

クライエントの気持ちを前向きにすることはOTの専門性でしょうか?
ぷー
2009/06/03 20:39
おひさしぶりです!またまたですが、覚えてますか?笑
2か月の実習が終わって無事帰ってきました。2か月って長いようで本当に短いものなんですね。実習にいくといつも感じるのですがいろんなバイザーの先生の考え方や対象者様に対する姿勢を見て本当に頑張ろうと思えて何やら今やる気が上昇中です!!…ということで早速このブログを見て気になっていた「作業って何だろう?」と「フロー体験」の本を購入しました!届くのが楽しみです!愚痴OTさんのいうように対象者様を前向きにすることは本当にOTとして大切なことだと思います。私も実習で本当にここに悩んで苦しんで…をしました。対象者様との関わり方ひとつにしてもいろいろ考えて、考えて…。自分では考えて行ったつもりでもバイザーの先生から「それはこっち側の都合やろ。もっと対象者様を主体に考えて行動するように」と言われて正直その時は「ちゃんと考えてる」と思ったのですが、家に帰ってから考えると「自分本位だったなぁ」と気づくこともありました。でも苦しかったですがやっぱりOTっていいなぁと思いました。対象者様のことを主体的に考えられるようなOTを目指して頑張ります!
みさ
2009/06/04 09:28
しゅ〜さん,お久しぶり〜^^
あら・・・学生なのにそんな多岐にわたる事を考えながら実習とは?すごいですな〜^^
湘南で待ってますw
管理人
2009/06/04 21:33
696969さん,おっす!
風邪ひいてましたw

不利ですよ〜
だからキャラで売り込みをw
管理人
2009/06/04 21:35
ぷーさん,
私は作業を介してCLの気持ちを前向きにする事は,OTの専門性だと思います.
管理人
2009/06/04 21:36
みささん,いい本を買いましたね^^
お勧めですよ^^
さらに色々な事に気づけるようになれる本だと思います.
日常に溢れている何気ない事が,大事なんだとわかるようになる魔法の書です^^
頑張って読み込んでください^^
管理人
2009/06/04 21:40
>私は作業を介してCLの気持ちを前向きにする事は,OTの専門性だと思います.

それはどうしてでしょうか?
ぷー
2009/06/16 19:00
ぷーさんへ
私の経験と学位と取得資格のすべてを持って判断したことで,説明は長くなります.
ゆえにコメントで,その返答は出来かねます.
湘南OT交流会でなら直接話せるかもしれませんので,どうしても知りたければ,長くなる事を覚悟でお越しいただければと思います.
千葉の船橋あたりですよね?
管理人
2009/06/16 23:03
管理人さんも日々の業務で個人情報を守るよう管理しているのでお分かりかと思いますが、
通常、自分の住所をネット上に示すことはしません。

>説明は長くなります.
長くしか説明できないならもういいです。
それでは同職種はおろか他職種やクライエントの理解も得られないように思います。

元々、自分の意見を批判して欲しかったんですよね
クライエントの気持ちを前向きにするのは大切とは感じていたので、それがなぜ大切なのかを知りたかったんです。

他の方のコメントに
>水のような、空気のようなOT技術というものはやはり、他の専門職に比べると、分かりにくいから不利
とありましたように、このOT技術をわかりやすく説明できることが求められているように思います。

1から10まで細かいところまで全部説明すると、何だって長くなります。

クライエントから「どうして前向きになる必要があるの?」って聞かれて「長くなるからまた後で」とは多分、言わないと思うんですけども・・・

まぁ、これは仕方ないですね。


OT技術って一言でいうと何なんですか?
ぷー
2009/06/24 21:01
就職してから、気持ちに余裕ができなかったのですが、やっと愚痴先生のブログが開けました(涙)。

私が就職した施設はOT1人と私の計2人です。その先輩OTと対象者との関わりを見ていると、見ているこっちまでが癒され、前向きな気持ちになれます。私は認知症の方と関わっている際に、怒らせてしまうことが度々あるので、『その人の落ち込みの原因を探り、それに抗する興味や価値観を理解した上で,作業を選択し,元気になるように,気持の盛り上がるような環境を整え,最大の達成感を得られるような,距離を保ちながらのちょっとした介助を行ったり,わざとらしくない声掛けをしたりと
高い分析技術,詳細な評価技術,作業の知識,環境の制御,各種心理学,そして空気を読み即興的に組み替える判断力と構成力!』が備わったOTになれるように、日々先輩OTをみて学んでいます。その時一瞬、リハビリに来て、「楽しかった」と思っていただけるようにクライエントと関わっていきたいと思います。口だけで言うのは簡単ですよね(涙)。でも、頑張ります!!

愚痴先生のOT技術に関する記事を読んで、頑張ろう!!と前向きな気持ちになりました!!ありがとうございます!!
sun
2009/07/30 00:06
ぷーさん、こんにちわ
批判してほしかったんですか?
そういう自分勝手な考えは人に求めず、自分の周りで勝手に行っていただけますか?
患者様から説明を求められたのであれば、文章の会話ではなく、向き合って反応を見ながら対応ができるので、求めに応じることはできると思うのですが、信念が違う見ず知らずの他人からの問い合わせに、ブログでそこまで行うのは、困難を極めるので、会いに来る努力をしてでも話し合いたいのであれば、対応しますということです。御理解いただけますか?
管理人
2009/07/30 10:34
sunさん、こんにちわ
良い先輩をお持ちのようで^^
うらやましい^^

記事が少しでもお役に立てたようで、嬉しいです^^
お互いに頑張りましょう^^
管理人
2009/07/30 10:38
人間は、社会・文化・教育・対人・競争等を含む多様な環境との連続的なダイナミクスのなかで必要な作業・好きな作業・求められる作業などを個々のバランスの中で遂行することで、能力が維持され、習慣化が成され、前向きな気持ちを維持しようとします。このどれが欠けても心身の健康は維持・増進されないことは創造に難しくないと思います。しかしこの構造は、障害を有したクライアントが客観的に捕らえ自ら再構築するにはあまりに複雑で困難(わざわざ意識にのぼらせないこと)であると考えます。人生は作業の集合です。生活する必要技能の獲得だけでなく、個々の人生の中で価値を見出した作業をクライアントと共有し、その作業を通して(勿論遂行だけでなく関わり方全般を要素に含む)、クライアントが存在したい・すべき環境下での健康を維持・増進できる状態を再構築していく。そんなアプローチを行えるのがOTの専門性であると私は考えます(主観が多くてすいません・・)。個人的には他職種などにより理解してもらうための啓蒙は必要だと考えますが、クライアントに対しては、難解な構造を理解してもらうよりも、止まることのない人生の中でわざわざ意識していないけれど、とても自分にとって価値がある。そんな作業を客観的に見つめてもらう。そんなプロセスのほうが重要な気がします(またまた主観が多くてすいません・・もちろん説明を求められた場面では、個々の状態にあわせて臨機応変にご理解いただこうと頑張りますが・・)。  長々とすいません。愚見でした。
512
2009/07/31 23:40
512さん,素敵なご説明ありがとうございます!
文章を拝見させていただいたら,「大切なのは注目すべきことを為すということではなく、普通のことを大変な価値があるという信念を持って行なうことだ」というTeilhard de Chardinの言葉を思い出しました!
普通の事って・・・奥深し
管理人
2009/08/03 21:38
はじめまして.突然すみません.
現在臨床実習中のOTSのすいこといいます.

自分のめざすOTとはなんだろう,尊敬できる先生方は沢山居るけれど,みんなそれぞれちょっとずつ違う.
その中で,自分がしたいものとはなんだろ,と臨床実習を通して最近ずいぶん悩んでいる中で,こちらにたどり着きました.

患者様を前向きにする果てしない技術!

それもOTっていうのか.

それ目指していきたい,とすごく思いました.


変な話.涙でました!
まだまだスタートラインにも立っていない学生が,先生の長い経験に裏打ちされたご意見について賛同するのもはなはだおこがましいのですが,それでも嬉しくなったので,思わずコメントさせていただきました.

なんか目の前が開けました.

臨床実習,頑張って患者様と向かい合っていきたいと思います.

失礼しました.


すいこ
2009/10/12 23:29
すいこさん,はじめまして^^

楽しい世界ですので,心よりお待ちしてます^^

OTの統一は,いつか必ず成し遂げてみます!
な〜んてねw
管理人
2009/10/13 22:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
OTの技術とは? 作業療法士の愚痴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる