作業療法士の愚痴

アクセスカウンタ

zoom RSS 脳卒中ガイドライン

<<   作成日時 : 2008/08/12 23:01   >>

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 22

画像













バイザー中w



バックミュージック代わりに,上記クリックしてからどうぞ(任意)
























そういえば,学生が来ていてバイザー中なのですが,


バイス中,文献を聞かれ,久々に開きました!



脳卒中ガイドライン2004!

もしかしたら知らない人が居るかもしれないので(いないかw)

いちおー 紹介!!!



http://www.jsts.gr.jp/jss08.html















たとえば・・・

X−2−1  運動障害に対するリハビリテーション
ファシリテーション(ボバース,Davis,PNF,Brunnstrom法)は,行ってもよいが,伝統的なリハビリテーションより有効であるという科学的根拠はない(グレードC1)


X−2−4  痙縮に対するリハビリテーション

慢性期片麻痺患者の痙縮に対して,ストレッチ,関節可動域訓練を考慮してもよいが,十分な科学的根拠はない

痙縮筋を冷却または温める事を考慮してもよいが,十分な科学的根拠はない


X−2−5  片麻痺の肩に対するリハビリテーション

肩の疼痛に対して,ポジショニング,テーピング,バイオフィードバックによるアプローチは,疼痛,可動域,亜脱臼,上肢機能に対して有効とする証拠はないので勧められない



大丈夫? 上記方法を多用していませんか〜?










実習に持っていくと便利かも?


















エビデンスあり!とされたテクニック系は 認知運動療法とCI療法の2つのみ!!









21世紀生き残るためには・・・必要かもね〜^^






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
驚いた

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
脳卒中の発症率、高卒女性は少なく…厚労省が2万人調査
 中学卒や大学卒の女性は、高校卒の女性に比べて、くも膜下出血や脳梗塞(こうそく)など脳卒中を発症するリスクが高いことが、厚生労働省研究班(主任研究者=津金昌一郎・国立がんセンター予防研究部長)の調査で分かった。 学歴に関連した発症リスクの調査は日本では初めてという。 青森、秋田、長野、沖縄4県で、40〜59歳の女性2万人を、1990年から12年間追跡し、最終学歴と、脳卒中や心臓病との関連を調べた。調... ...続きを見る
ブログ検索ニュースBLOG
2008/08/13 10:46

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
数年前にちょっと立ち寄りましたが
今日はコメントしたい気分でした

スーパーバイザーのお仕事ご苦労様
お盆だと気がつかず出勤してきて
暑さと
投稿原稿に対する査読のキツサで
やる気とQOLは下降曲線!

それでこのブログにやってきました

と言ってここまで書いてきたら
少しやる気回復してきました。
このブログは癒しの力がある?

バーニー
2008/08/13 14:39
OT2年目にして、冷や汗の出る内容です・・・。
いつまで経っても勉強不足を実感する毎日です。
あい
2008/08/13 19:05
以前、ガイドライン収集がマイブームだったので、僕も内容を確認したとき愕然としました。。

ただ、運動障害のところで自然回復よりリハを行うことが強く勧められる(グレードA)。。
とあったので、伝統的な筋力増強・ROM-ex・動作訓練か??

・・・と思いましたが、個人的にはやっぱり対象者の能動性かな。。と思っています。。

ちなみに認知運動療法とCI療法のエビデンスは、海外の研究が主体だと以前聞いたことがあるんですが、愚痴さんは何かご存知ですか??

ちなみに×2、以前ブーム時にネットから無料でパーキンソン・痴呆(認知症)・関節リウマチのガイドラインもダウンロードしましたが、内容は無いよう。。

な〜んちゃって。。
失礼しました。。
856
2008/08/13 20:40
バーニーさん,投稿中なんですか〜?
結構シビアですよね・・・査読
時々殺意を覚える時が・・・^^;

まぁ私の書き方が悪いのでしょうが・・・
それを考慮しても納得のいかないときがあります!
見ておれ,OT上層部
とか思う時は少なくないですw

という管理人なので,いやし効果は薄いかとw
管理人
2008/08/13 23:14
856さん,こんばんわ^^
すごいマイブームですね!素晴らしい!!

エビデンスは基本的にどの領域でも海外のものが主流です.日本が作るエビデンスは大したことがないw
島国は縛りもきついですからね〜^^;

他のガイドラインは・・・
内容無いのか・・・
貴重な情報ありがとうございます!
管理人
2008/08/13 23:17
あいさん,冷汗出ましたか?
やってはいけないという事ではないので,それをメインに行っていなければOKかと^^
他の視点を盛り混ぜながらやれば,必要性がある場合も多いと思いますよ〜^^
管理人
2008/08/13 23:18
バイザーとスーパーバイザーの意味。
いつも楽しく拝見しておりますが、今回は、意見を
述べさせていただきます。スーパーバイザーは指導者と思いますが、バイザーは邪魔者って意味だと思いますが、愚痴先生はどう思いますか?
OTは理論武装集団なの?
2008/08/14 00:58
私は実習で「辛い」としか感じることができなかったので、勉強になったという実感がまったくないんです。。。実習では、文献を調べるという当たり前のことさえやったことがないです。
あんなに辛くて長い実習を耐え抜いたのに、全く学んでないなんて・・・(><)!
愚痴さんが私のバイザーだったらなぁ・・・なんて思ってます。自分もそんなバイザーになりたいです〜^^
あい
2008/08/14 23:17
バイザーってそういう意味もあるんですか?
知りませんでした!!
まぁ邪魔者の方が自分的にはしっくり来たりもしますけどね〜^^
OTは理論武装(サイエンス)し,技術(アート)を持つ集団だと思っております.
管理人
2008/08/14 23:53
あいさん,文献は誰も調べてくれませんので,諦めています.
仕方がないので,文献を紹介し,出来た気にさせているのが現在の指導方法かな?
まぁ勘違いから始まる事って多いかな?
出来た気にならないと前に進む原動力は生まれにくいのかもしれないと感じています.
管理人
2008/08/14 23:57
なるほど…。
出来た気にさせる…か。ふむふむ。以前「パワーポイントは分かった気にさせられる道具」と聞いた時のような気分。
…わかりにくくてごめんなさい。
脳卒中ガイドラインについては偏りもあって賛否両論あり、他の文献と比較しても偏りや未熟さはあるかな〜なんて思いつつ…ただ一つの基準や指針として古いものが淘汰されてるし、一定のイビデンスや枠組みを参考にするという意味では評価できる道具かなぁ…なんて…。
偉そうに(笑)
さっつ
2008/08/17 08:13
さっつさん,こんばんわ^^
脳卒中ガイドラインは,暗黙の了解に惑わされず,自分の眼でしっかり見てしっかりと判断しなさいという視点を与えてくれるシロモノかと・・・
良いようにも悪いようにも使えますので,個人の能力次第かな〜と思っております!
管理人
2008/08/17 22:30
愚痴さんのブログが癒し効果と私が思うのは
査読の痛みを分かり合える人がいるということです

先日知人のOTRの査読結果を見せてもらったのですが査読者のピントがずれていない?という感じのコメントがありました

投稿に当たっては筆者はかなり文献を調べていますから、査読者も同じ文献を読んでくれているはず、
と期待したらイケないのでしょうね

他学術誌のように
雑誌に専属に雇われている査読者がいて
査読者のサイン付きで結果が返ってくる仕組みが必要ではないかと思っています

査読者は筆者を知っているのに
筆者は査読者を知らない
だから、恐ろしい表現で返信してくるのかも

愚痴さんの言うとおりこちらの書き方が悪いのですね
それは承知していますが
それでもがくんと落ち込むことがあります
バーニー
2008/08/19 08:18
バーニーさん!
頑張りましょうね・・・
査読者めぇ〜!!!!!
いつかギャフンと!!!
管理人
2008/08/19 23:45
愚痴先生が教えて下さったガイドラインを見ました
856さんがおっしゃるように???な部分はたくさんありました

しかし鋏と文献は使いようか?
なぜかこのあたりの医療機関はB●●法を使っています(そういうと私の職場の地域が推察される?)
過去の流行のせいか?
あるいは特定のグループだけに受けている治療手技か?

でも例のガイドラインでB●●法は効果を期待できないという表現があったので
これは!!
だれかれ構わずB●●法を使っている人々への
反証に使ってみたいと思いました
バーニー
2008/08/22 10:16
バーニーさん,こんばんわ^^
B愛好家へぶつけた事があるのですが,ガイドラインのBと今のBは違うと,言っていました.

どうでも良い話ですが・・・
管理人
2008/08/22 21:36
愚痴さん始めまして。2年目のOTです。
いきなりで質問なのですが、認知運動療法がエビデンスありと記載されている部分はどこになるのでしょうか?日本語を読んでいると、運動障害に対するリハビリテーション(2-1)の文献18、又は、上肢機能障害に対するリハビリテーション(2-3)の文献5なのかな、とは思うのですが、どれか分からず、とりあえず英文を読んでみようという程、英語が出来る訳でもないので、失礼とは思いますが、教えていただけませんか。
ピノキオ
2008/09/02 19:18
ピノキオさん,はじめまして!
すみません脳卒中ガイドラインの文献ではありません.
別の文献です・・・
管理人
2008/09/02 21:27
返信ありがとうございます。
そうなんですか、分かりました!今月、認知運動療法ベーシックコースを受講するので、ガイドラインでも認められているなら、より良いな。と思い質問させて頂きました。ありがとうございます。
ピノキオ
2008/09/04 08:42
ピノキオさん
すみません・・・
特にお役に立てなくて・・・^^;

ベーシックコース頑張ってください^^
管理人
2008/09/05 21:23
認知運動療法はいわゆるボバースとかと同じだよ。
富田先生という教祖を筆頭にした宗教集団でしょ。
大体、心理学を元にした運動療法なんて…。文系の人間にしか出来ない。
脳がどうなってるか、脳機能を語らずに、心理学的に仮説を立てすぎてる。仮説の上にまた仮説をたてる。一見つじつまが合っている。若い無知な人は信じ込む。自分で英語文献を読んで、判断する能力を放棄してね。その方が楽だし、自分に責任はないから。教える方もそれを知っている。どうしてあんなに治らない治療を、みんな実践しようとする????
患者はどうなる!!!!
PT
2009/11/08 07:37
認知運動療法はC.Perfetti教授が1970年代に提唱した片麻痺の治療がBaseであり,Bobath conceptとは全く違う源流から生じております.会長は宮本省三先生であり,代表という意味では富田先生というのも間違った表記です.
文系の人間にしかできない運動療法と否定されていますが,理系の人間であれば完全な運動療法を展開しつつ人間の運動に自由度を与えられるのでしょうか.認知運動療法は哲学や心理学も活用しますが,解剖学や運動学,生理学,神経心理学なども非常に重要と考えています.従来学んだことは必須であり,それに加えてこれまでセラピストが学んでこなかった領域の学問も治療に必要だと考えているのです.
治らない治療であるという根拠はどのように示していただけますか?Evidenceがないこと=治らない治療であれば,医学の発展は今後一切望めませんし,臨床で実践されている多くの治療が治らない治療ということになります.
クライアント第一主義者を名乗るのは結構です.しかし,誠実に行った治療がリハビリテーションではありません.自分にとって大事な人が障害を負った時,自らの実践する治療を同じように適応できるかどうかが答えです.
認知運動療法士
2011/10/12 13:35

コメントする help

ニックネーム
本 文
脳卒中ガイドライン 作業療法士の愚痴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる