作業療法士の愚痴

アクセスカウンタ

zoom RSS サルでも分かる理論講座

<<   作成日時 : 2006/07/06 19:40   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 8

画像


   理論

この言葉を聞いただけで,嫌になる感じですよね?
でも,学ぶと世界が開けます.
理論を学んでいるから色々考えがまとまるんです.

理論って 『お固い』 『難しい』 『頭でっかち』
みたいなイメージがあります.

でもね

作業療法の実践において,理論がないって事は絶対にありえません.

さて問題です.作業療法場面で

@人間作業モデルを使って物事を考えた
ACOPMの評価法を使った
BROM測定を行った
C作業療法の紹介をした
D筋力トレーニングを行った
E風船バレーを行った
F歌を一緒に歌った

さて,理論に基づいた行動はどれでしょう?


答えは・・・

画像








全部だと思います.

そもそも作業療法が理論体系の集合からなるものですし,
評価法はそれぞれ何かの理論から生まれたものだし,
何となく行っている作業も,効果があるという理論があるから出来るわけじゃん.

理論が無かったら,国家資格与えられないでしょ.
皆,ちゃんと理論の勉強を理論と知らずにでも行い,
習得しているから,臨床実践になるんだよ.

そもそも理論とは何か?砕いてみます.
理論→パラダイム→前パラダイム→ひらめき→想像

多分ですが,想像した中から,『お!これって良いんじゃない?』
という『ひらめき』が生まれます.
画像


例えば,片麻痺に対するアプローチを考えた場合
一人の人が,曲がっている手を伸ばせば良いんじゃないか?
一人の人が,ほっとけば治るんじゃないか?
一人の人が,筋緊張をコントロールすれば良いんじゃないか?
というそれぞれの人がそれぞれひらめいて,前パラダイム期になります.

その中から,『筋緊張コントロール出来そうだぞ!皆見てくれ』という方法が生まれ
他の人たちも,『すげー,オレもやってみるぜ』と皆が一様の方法に価値を見出し
パラダイムになります.

そのパラダイムを体系化したものが理論です.

なぜパラダイム化する必要があったのか?と言いますと
人間の持っている情報は膨大です.
だから,その一部分を切り取って,そこの中でそれだけで考えると,
なぜそうなるのか?が分かりやすくなります.
なのであえて,対立する情報やデータは考えないようにしたのです.

ここで起こる問題が『パラダイム効果
あるパラダイムから見れば明瞭な事も,別のパラダイムから見れば不明瞭になります.
そのため,専門家に肯定的効果と否定的効果を持たせやすくなります.
パラダイムが違えば,考え方も変わります.
サッカーのルールで野球を行い,反則だと言われても意味が分からない
と言っているようなものです.

ちなみに,我々が思いつく問題なんて殆どが偉い学者によって研究されています.
長い月日の間に殆どが研究されています.
しかもそれが理論化されていたのであれば,我々のモヤモヤをスッキリさせてくれるような
構造を教えてくれます.
更に理論を学ぶ事により,現象を構造的に捉え分析する技能が飛躍的に上がります.
何気なく行う実践よりは,分析出来る実践の方が,失敗,成功を次に生かせます.

理論を学ぶコツは,頑張って読むのではなく,面白楽しく使ってみる
っていうのが良いです.読むだけだと嫌になるからね.


そして理論にもカテゴリーがあります.
小理論 中理論 大理論 メタ理論

小理論はいわゆる解剖,生理といった狭い範囲
中理論は手技関係
大理論は環境等にまで視野を広げたMOHOやCMOP等
メタ理論は,作業科学等です.

先ほども言いましたが,理論は現象のほんの一つまみをまとめたものです.
全ての理論を持っていても,人間の現象は網羅できません.
ですがより多くの理論を持ち,多角的に考えると臨床の悩みは減ります.
皆さん,一緒に勉強しましょう〜^^


※手技のみで臨床を行っている方へ

中理論に値しますので,いくら多くの手技を取得しても,とても小さい範囲で人を捉えていると私は考えます.大理論が1つでもないと,その頑張られている効果を生かし,使っていく事への考察は行いにくいのではないでしょうか?

世界的に,手技系の集合である還元主義パラダイム全盛でしたが,解決できない問題が多く出現したため,新たな方法が考えられ,現在は作業行動パラダイムに移行しています.
とどまるもよし!
進むもよし!
歴史や時代の流れに耳を傾けないと,取り残されますよ〜


理論とは?は 本になりましたw

http://1st.geocities.jp/shounan_ot/gutishop/index.htm



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
理論の使い方
今更ですが理論について書きます。 ...続きを見る
リハビリテーション部 IN JAPAN ...
2006/08/07 22:24

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
熱く語っちゃってますねぇ〜
でも、その通りだと思います。
看護師にも、色々な理論があります。
よく、看護研究で使ってますよぅ〜(^^♪
OTさんと私って、同級生・・・・なんですね!!!
リンゴ
2006/07/06 21:38
トラバありがとうございます。
早速のぞかせていただきました。
相変わらずもやもやしていますが、なんとなく理論の使い方がわかったような。

あ。
ちなみにわたしのブログで私にあれこれ言っていたのは「当事者側の人間(家族含む)」でOTではないので、そのせっぱ詰まった感じのあたり…お手柔らかに見ていただけるとありがたいです…。
さっつ
2006/07/06 22:10
リンゴさん,こんばんわ
正確には私の方が3ヶ月早く,一学年上ですね.
殆ど同級生ですね^^
管理人
2006/07/07 00:11
さっつさん!
了解しました〜(笑)
管理人
2006/07/07 00:12
明日、京都の精神科OTの帝王や広島の有名人達と研修会があります。懇親会の際にまた話を聞けたらな〜なんつって思っています。
またブログでも書いてみますので、どうぞ〜。
ああ。どきどきします。
さっつ
2006/07/07 23:15
さっつさん、帝王と女王によろしくお伝えください。
といっても私は縁もユカリもありませんが!
(_´Д`) アイーン
管理人
2006/07/08 17:14
なるほど・・。ホントに参考になりました!
オイラもがんばるゾーっと!!
アニキ
2006/07/09 21:49
アニキさん,こんばんわ^^
お互い頑張りましょうね〜^^

ちなみに皆さま
このブログ内の文書は基本的に
参考文献はありません!!
(oノωノ)。。oO(想像図)
殆ど私の記憶(思いつき)を元に
数分で書き上げています.
引用の場合は,裏を取ってからご活用下さい.
よろしくお願いしますね〜^^
管理人
2006/07/09 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
サルでも分かる理論講座 作業療法士の愚痴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる