作業療法士の愚痴

アクセスカウンタ

zoom RSS 講演業務終了!!

<<   作成日時 : 2006/06/10 22:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 10

画像


講師席の画像です!
何度やっても,緊張ってするんですよね〜
某リハビリ学校の同窓会で
今回は 『臨床でのICFの活かし方』 という大きなテーマを頂き,90分もの枠で話してきました.

参加された方々!感想を書いていただけると幸いです!
激辛コメントでもOK



ICFってただの枠なんですよね〜
だからICFを考えるのではなく,自分の臨床がどこに納まるのか?
それを考えたほうがいいと思うな〜

実力のあるOTは,ICFの大枠を持ってしても臨床を収める事は出来ません.
ICFより更に広い視点で,実践しているのです.
ICIDH程度の枠で臨床が収まっているなら,視点が狭いと思います.
対象疾患が何か?という部分もあると思いますが・・・

ここでも 『笑い』 を取れたので大満足っす!
若者には,若者向けのスライドが効果的?
今回 146枚 ものスライドをガンガン流してみました!!
必殺のアニメを入れながらね^^

勉強というものは,楽しくないと出来ないと思うんだよ
教える側は,どれだけ面白く出来るか?
どれだけ共感してもらえる内容にするか?
どれだけ身近な内容に落とす事が出来るか?
などなど,色々なエッセンスを踏まえないとね.

私もまだまだ未熟だから,もっと腕を磨かなきゃ!
今に催眠術のエッセンスまで入れ,完全洗脳コースを作るかもよ
ヒヒヒヒ m(- -m)~呪~(m- -)m ヒヒヒヒ



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
講演お疲れ様です。
いつか私もお話を聞いてみたいものです。

ICF…
私は未だにICFというものがよく分かりません…
ただの勉強不足です…
話を聞きたかったです。

学生が来て初期評価などの発表をしていてもピントこない。
ICIDHに環境と個人因子を加えているだけのレジメで発表内容も大してICIDHの時と変わらないような…
学校の先生とバイザーの教え方にもよるのでしょうが。


特に私の時にICFとICIDHの境目くらいであったので、どちらとも、言ってみれば中途半端に学んでしまってですね(笑)

ICF。
これからきちんと勉強させていただきます。
気まぐれ
2006/06/11 01:05
お久しぶりです。
ICFの講義、是非お聞きしたかったです。
以前Y先生の講義を自分の大学で聞く機会があったのにみすみす逃してしまった事が残念、無念です。
うっすら友人から聞いた話では統計処理?の為にうんぬんかんぬん…。
おそらく「指標だよ」って講義だったのでしょうか…?
個人的には「ざざざっとまとめてぱっと目で見てつながりを把握するのに役立つ図」程度の認識で…。
そして、「自分の臨床が収まる?」とはどういう事なのでしょうか?
悩める新人は自分の臨床にかあなりもやもやしている今日この頃です。

さっつ
2006/06/11 10:07
気まぐれさん,こんにちわ.
ICIDHからICFへの移行は,項目を増やすだけという対応が多いようですね.私もそうでした(笑).でも本当に必要なのは,相互作用の認識だと思います.どの要因がどの要素に働きかけやすいのか?どこに働きかける事によって,全体的に安定しやすいのか?
難しい部分です.
管理人
2006/06/11 11:03
さっつさん,お久しぶり^^
多分Y先生のおっしゃっているICFの考え方が(コード化して分析する)国際的な全職種共通のICF使用法だと思います.
でも私はそこではなく,ICFをOTの専門職が使用する場合,どのように考えれば使えるのか?の部分を考察し,まとめ,話してきました!よって,エビデンスゼロ 私の勝手な意見レベル!! ぐわははははは
簡単に言うと,MOHOとICFの概念を説明した後,これらを使う事によって,個人因子や環境因子が,人間システムにどのように働きかけ,どのような行動が出力されるのか?そこにOTはどのように関われば良いのか?の私見を述べた後,今までのレポートの様に問題点#1〜#10のようにICIDH的階層性でまとめるのではなく,ICFの様に相互作用を捉え,まとめないとね って感じの内容になりました!
管理人
2006/06/11 11:14
講演ありがとうございました。
参加者の反応はとても良く、「来て良かった」とか「やっぱ人だよね」などの声が聞こえました。
私自身が、愚痴OTさんと話をして色々と見方が変わったのできっと参加してくれた人も少しだけ今までと違った見方ができるのではないでしょうか・・・
今後も宜しくお願い致します。
きくりん
2006/06/11 22:27
きくさん,どうも^^
講演後に,『もっと,患者さんと話をしたり,話を聞こうと思いました!OTは話をする事で,こんなに色々読み取れるんですね』という感想を頂けたので,意図は伝わったのかな?と自己満足中(汗)
どこかでまた披露出来る日が来ることを^^
管理人
2006/06/12 16:15
な…なる…ほど…。

…???
ごめんなさい。
ちょっと…MOHOは全く分かっていないので「?」という感じです。
うーん。
うーん。
自分なりに解釈してみると、機能的な部分の障害を基礎とした階層式の考え方(IDHとか?)ではなく、その人の性格や生育歴などの…性質というか…個々の特性(個人因子)と、周囲の物理的、人的、社会的な環境とか(環境因子)の相互の作用の中で「結果として生まれた」人間の行動を、ICFという図式の中で説明した…と解釈してみたんですが…。

うーん。
うーん(-_-)
頭が爆発してきました。
また自分のブログでも書いてみます。
さっつ
2006/06/13 20:46
さっつさん!そのとおりです.
大正解〜★
そんな感じです!!
管理人
2006/06/13 21:51
おお。良かったです。
ここでのICFが私の臨床に役立ってます。
またのぞかせてください。
ありがとうございます。
そして…父の日は…今日でした(笑)
さっつ
2006/06/18 08:19
さっつさん,どうも〜^^
ICF・・・今後も意見交換させてください.

さ〜て親父をねぎらってくるかの〜!
ヾ( ̄  ̄ゞ・・・ =3 =3 =3
管理人
2006/06/18 12:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
講演業務終了!! 作業療法士の愚痴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる