作業療法士の愚痴

アクセスカウンタ

zoom RSS OTの領域が広い訳!

<<   作成日時 : 2006/06/05 18:19   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 13

画像


OTって身障・精神・老人・小児・・・と領域が広くありませんか?
なぜ?とか考えた事ありません?

数年前までは気にもしなかったのですが,最近!分かったような気がします.
以前は,身障らしく治すという事を念頭に置き,臨床業務を行っていたので
気づかなかったのですが,最近は『人』を見ているので,
勝手な答えを見つけ,納得してしまいました.

症状を見ているのであれば,身障・精神等の領域は全然異なるものであり,
同じ資格を持っているとはいえ,移籍はタブーな気がしますが,
実際は制限なく,身障10年のOTキャリアは精神でも10年のOTキャリアと
されていますよね?
多少の考慮はあるとしても,それが現実!
おかしいな〜と思ったりしちゃいます.
でも,おかしいと思うこと事態,実はOTとしておかしいのです!!

人を見ているOTなのであれば,トップダウンを採用し,全人間的な評価をしています.
すなわち,症状はボトムの部分なので,そこに最大の関心を当てる事は少ないのです.
最大の関心事は,様々な障害を持ち,どのような行動制限を起こし,どのような心理的負担を抱えているのか?になります.となると,見るべき視点は領域を限定しないのです.
どの領域でも共通に使える評価を持っているOTが,私の考える本当のOTです.

その視点を持ち,どの様に対処していくのか?どの様な代償方法が提供できるのか?どんな練習をすれば改善できるのか?など,どの領域でもやはり同じ思考過程になります.

この視点に気づいたのは,最近優秀な精神科のOTさんと話す事が多くなり,その方々との話し合いで,身障に居る私とのすれ違いが少ない事に気づいた点にあります.
普通にクライエントの関わりについて,ディスカッション出来るんだコレガ!
すごいねOTって!! 本当に面白い職種です^^



テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「OTの領域が広い訳!」について
「OTの領域が広い訳!」について お久しぶりです。 老健ではまさに「人」勝負な気がします。 ...続きを見る
OTのひよこ
2006/06/06 00:17

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(13件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。臨床実習が2週目に突入し、やっとケースを頂いたOTSです。
息抜き&良い情報が無いかな、と思い偶然このHPにやってきました。
最近の話題(学生&実習)や鬼バイザーシリーズについ夢中になり読みふけっているうちに、気がついたら1時間経過・・・・。
出された課題は膨大。今日は徹夜です・・・_/ ̄|○ il||li

先生(色々と感心させられたので、勝手に先生と呼ばせてもらいます(笑))のおっしゃる
「最大の関心事は,様々な障害を持ち,どのような行動制限を起こし,どのような心理的負担を抱えているのか?」
目からウロコでした。
死にかけ臨床実習生
2006/06/06 01:06
私のバイザーは「ケースを与える」ではなく「自分で選び出してこい」とおっしゃり、ひたすら1週間いろんな方とお話をしました。ICFで考えろとか、生活全体を見て決めろとか助言を頂くも、「それって評価してからじゃ…」と思い訳も分からず1週間。当然、何度ダメ出し食らって熱烈なラブコールを頂いたことか(|||_ _)

ナルホド、トップダウン!今、ようやくモヤモヤが晴れました。
トップダウンという事に気付けなかった&ケースを貰って評価をしなきゃダメだ、というダメ思考を持っていた自分が恥ずかしい(´д`;)

「全人間的な評価」…ICFでいう包括的にその人を捉える、という事だと勝手に解釈(笑)で、そこでクリニカルリーズニングになっていくのかな?と勝手に思っています。

それを計算して指導していただいてるとしたら、凄いバイザー先生だな…と思います。ただ…顔が怖い&話すとき・報告を行っている時に目を合わせてくれないと言うのが唯一…いやなんでもないです( ̄∇ ̄*)>

長文な上に2つに分け、勝手に解釈してますが、ご容赦を。さて・・・・課題やりますか_/ ̄|○ il||li
続・死にかけ臨床実習生
2006/06/06 01:09
初めてかき込みさせていただきます。
この話、かなり共感できます。
私はまだOTとしてひよっこですが、自分の考えを書いたブログがありますので、よろしければ寄ってみてください。
ネットトラブルのため、これ以上更新できなくなってしまいましたが、もし復活することができればまた書き足していきたいと思っています。
http://blog.goo.ne.jp/beck-beck-beck
気まぐれ
2006/06/06 19:06
死にかけ臨床実習生さん,おはよーございます.
良い指導方法だと思いますよ.
へ〜「ケースを与える」ではなく「自分で選び出してこい」か〜 面白いな〜 メモメモっと サブケースは大体私もそんな感じですが,メインで採用した事はありません.素敵!
学生さんからクリニカルリーズニングという言葉を聞くと,スゴイと感じます.そしてICFですが,本当の注目点はあの矢印!相互作用っす!参考までに^^
管理人
2006/06/07 08:00
きまぐれさん,おはようございます.
ブログ拝見させていただきました.とても興味深く,高度な知識体系を感じましたので,今後も拝見させていただきま〜す.
管理人
2006/06/07 08:02
死にかけ臨床実習生さん、はじめまして☆
私も、来週から臨床実習がはじまります!!以前、コメントの中にも書き込ませてもらいましたが、今は不安でいっぱいです(^_^;)自分が話をしているとき、先生から相槌とかまっったくそれらしい反応がないとすっごく怖い&不安な気持ちになりますよね…(^^ゞ
あたしも来週からがんばりたいと思います!!たくさん学んで吸収してくるぞっ!!死にかけ臨床実習生さんもがんばってください!!!!!
にゃーこ
2006/06/07 16:38
先生、返信ありがとうございます。「注目点は矢印」「相互作用」、何となく分かる気がします。
膨大な課題を乗り切り、ケースの情報収集を終え、今は1週間見てきた事と情報を踏まえて評価する項目をひねり出す作業をしています。
まだ未熟ですが、前まで繋がりが見えなかったのですが、繋がりが見える!何より整理しやすい!ICFスゲーヽ(´▽`)ノ

にゃーこさん、はじめまして〜。来週からですか、頑張ってください(≧▽≦)b
反応無い時・・・怖いですよね。特にうちのバイザーは普段目を合わせないので、しばし無言の後に急に目が合った時なんて(||゚Д゚)ヒィィィ!ですよ(笑)
お互い、荒波どころか洗濯機にもまれ、OTになりましょうネ(´▽`〃)
死にかけ臨床実習生
2006/06/07 18:02
ブログへのコメントありがとうございます。
私の知識など愚痴OTさんに比べれば本当に微々たるものです…
本当に…
お恥ずかしい限りです。

ブログができるように修復いたしますので、復活したらお知らせしますね!!
気まぐれ
2006/06/07 18:30
ネット復活致しました!!
夜中ですが…

愚痴OTさんのブログを私のブログからもリンクできるように致しました。
もし、ご都合が悪ければお知らせ下さい。
これからも是非ともよろしくお願いいたします。
気まぐれ
2006/06/08 02:02
死にかけ臨床実習生さん

>前まで繋がりが見えなかったのですが、繋がりが見える!何より整理しやすい!ICFスゲーヽ(´▽`)ノ

それはICFがすごいのではなく、あなたの視点がスゴイのです!ICFは所詮「枠」!! 良い臨床の視点であればあるほど、大きな枠を必要とします。大きな視点を持っているのですね〜! 優秀!!
管理人
2006/06/08 10:37
きまぐれさん

☆祝!復活☆
楽しみにしておりま〜す!
管理人
2006/06/08 10:38
>人を見ているOTなのであれば,トップダウンを採用し,全人間的な評価をしています

精神科作業療法では,妄想・幻聴などの機能障害を治すといった視点が’今まで’はあまりなかったので,必然的に「全人的評価」「目標へ向かってのOTRとクライエントの協業」「IADLの練習」「QOL向上の方法」というものが自然な形で作業療法の内容となっているように思います.
これらのアプローチをひとつの軸として,今後は薬によっても軽減できない幻聴・妄想・高次脳機能へのアプローチがもうひとつの軸となってくると思っています.
不確かなemotion stepにかえてhttp://horiken.cocolog-nifty.com/

不確かなOT
2006/06/24 14:17
不確かなOTさん,こんばんわ
そうなんですよね〜!精神科OTさんは,アイデンティティークライシスに陥りにくいんですよ.OTとしての核がしっかりしているんだな〜と尊敬しています.
そして,URL紹介ありがとうございます.リンクに貼らせていただきますね^^
管理人
2006/06/25 23:40

コメントする help

ニックネーム
本 文
OTの領域が広い訳! 作業療法士の愚痴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる