作業療法士の愚痴

アクセスカウンタ

zoom RSS 大学院生活

<<   作成日時 : 2006/04/29 22:41   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像



大学院に2回通いました.
そのエピソード公開!

初回は,自己紹介と研究テーマを述べてくださいという事でしたので,
自分は,養成校で感じたOT感と実際の現場でのギャップに違和感を感じ,
4年間OTって何だろう?PTと何が違うの?と悩んで,勉強をする気も
起こらなかったという過去を紹介し,
その後出会った,AMPSやMOHOといった『OTが開発したOTの考え』に
えらく感動し,OTの本質を見出し,学び,臨床に導入した経緯を説明後
臨床で大きな効果が得られたので,どんどんやって行ったら
普通に使っているICIDHで,自分の臨床が表現できなくなっている事に
気づいちゃった・・・
だからICFを導入してみたら,あの難解なICFがスンナリ入って来たんです!
だからICFとMOHOといった包括的な視点を持つ理論は,相関があるんじゃない?
OTがICFもっと使えるように,OT用のICF作りたいです!!
って言ったの(⌒∇⌒)ゞ

そうしたらね
難しいね〜それは・・・ と
そしてMOHO用のリーズニングシートそのまま使えば良いんじゃない?と

ヾ(*゚▽゚*)ノ あはは そのとおりですわ!!
あ・・・ 初日でもう既に・・・ テーマ消失・・・

意気消沈しているところで,今後の方針が示されました.
次回からこのゼミは,自分のテーマに関する文献を読んで来て,発表してください!

この時はまだ気づかなかったのです・・・
これから起こる危機的状況を・・・

はっきり言ってICFに関する研究は沢山あると思っていました・・・・
医中誌検索 ICF&原著論文  ポチっと

検索結果 1件

え?
ええ?
しかも超音波振動切削器具を使用した3症例ですって
はい?それってリハ?
ヤヴァイ・・・ 

結局手検索し,ジャーナル関係の引用文献見ましたが,見つからず・・・
2001年発表のICF・・・研究テーマにするには,新しすぎた・・・
先行研究ほとんど得られないという事は・・・ 全部作らないと・・・
M(マスター)課程(修士課程)で出来るのか?

結局手ぶらで2回目の登校!_| ̄|○ ガクッ
その検索課程をお伝えして終了!
もちろんもらったお言葉は!

外国の文献見ないとダメだね!

英語苦手です・・・ 先が思いやられます・・・


最後に
大学院は,現在週に1回くらいしか通っていません.
今は2週間休みです.
興味ある方,仕事しながらでも大丈夫ですよ.
上記に愚痴っていますが,本当に楽しいです.
是非一緒に!

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
たいへんご無沙汰しております。
相変わらずご活躍のようで!!
愚痴さん、私、ICFを臨床になかなか生かせなくて困って居るんです。今、新人教育みたいなのをしてるんですが、新人さんに「頭を整理するために、評価したことをまとめてきて」と言ったら、新人さん、ICFでまとめてきました。列挙してあることは決して、まちがっていませんでした。しかし、「なんとなく頭整理できた?それぞれのつながりが分かりやすくなった?」と聞いたところ、「いや〜わかりません」と・・・。私もICFに関しては「・・・」という感じでして。以前、何かの講習会で、「ICFを臨床で使おうとすると、どうしてもつながりが分かりにくいんですが・・」という質問がフロアから出ました。すると、講師の先生がICFは福祉の分野で生まれたものだから、(大事なところを忘れましたが・・)医学モデルが根付いた臨床では使いにくい。だから問題点を整理するのはICIDHが使いやすいよみたいなことを言われていました。
その辺の愚痴さんの持論をお聞かせ下さいませ。
悩めるOT
2006/05/01 19:33
悩めるOTさん,ICFに関するご質問ありがとうございます.水を得た魚みたいに行かせて頂きます!
ICF実際使いにくいです.まだまとめかたのガイドラインが整備されていませんので・・・今は各項目の表現のみを使用されている事が多いように感じます.本質はそこには無いと考えていますので,追々公開させていただきますね〜
そして講師の先生がおっしゃたICFは福祉の分野で生まれたものというのは,間違えです.世界的に医療・福祉分野での捉え方を協議し,導き出したので,医療の現場でも使えるようにとWHOは定義しています.ICIDHの拡大版というのが本質です.まあ焦点を絞って考えるのであればICIDHも有効かと思いますが,それで十分な臨床なのであれば,個人・環境に配慮していないという事を告白している様な物なので,全人間的に見れていない臨床なのかな?と感じてしまいます.
管理人
2006/05/01 22:11
愚痴さん、みなさまへ
愚痴さん、テーマと全く違う書き込みをすることをお詫びします。すみません!!お尋ねしたいことがありまして・・。リハを始めるとき、患者さんに自己紹介をし、簡単に作業療法とは何ぞやみたいな説明をしますよね?一般的にOTは上肢、高次脳、ADL、環境調整が得意分野だとか言われてますよね?だから患者さんにはそういう一般的なところを簡単な言葉で説明しているのですが、なんかしっくりきません。みなさんは、作業療法をどう説明されているのでしょうか?愛すべき作業療法を上手く説明できるようになりたいのですが。
悩めるOT
2006/05/13 13:26
私は作業療法という名前の由来(「作業=人が行う名前の付けられる行為全て」)をキーワードに,その対象者の方が「今後行いたい事・行う必要のあることをもう一度出来るようにするためのリハビリです」と説明しています.それだけでは分かりにくいので,その方にふさわしいと思われる例を挙げることにしています.上肢・手指の練習に関しては,「何かの作業を行うときにはただ動くだけではない手の調節機能が必要になるので,手の事は中心に行います」などとお伝えするようにしています.なんて偉そうに書きましたが,こんなのはいかがでしょう?なにか良い説明があれば私にも教えてください.
けろけろ
2006/05/14 22:14

コメントする help

ニックネーム
本 文
大学院生活 作業療法士の愚痴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる