作業療法士の愚痴

アクセスカウンタ

zoom RSS OTのエビデンス(EBOT)

<<   作成日時 : 2006/03/27 10:20   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

画像



みなさん,OTの臨床にエビデンスはありますか〜?
難しいですよね〜 

昔の記事にコメントありがとうございます〜

さて基本的な考え方からダラダラ書きます.
エビデンスって何? EBMを代表としてEBPT,EBNrs等々
多くの領域でEvidence−Basedとか言って,根拠に基づいた何々と言っています.
エビデンス=根拠 という認識が強いようですが,『証拠』という訳もあります.

根拠=判断・推論などを成り立たせるよりどころ。行動などの正当性を支える事実.
証拠=事実・真実であることを明らかにするよりどころとなる事や物。あかし。しるし。

研究結果がないものはエビデンスがない という考え方は違います.
事実を示せるか否か です.
なぜ木工という作業を選択したのですか?と聞かれたときに
元々大工さんだったからです という答えをすればエビデンスを示した事になります.

そして木工の効果は?と聞かれた時!のエビデンス
昔,同じ様な人に木工やったら効果あった
これでも十分エビデンスです.

前々回長野で行われたEBOTワークショップで3つのカテゴリーが示されましたので
それを独自の解釈で書かせていただくと
@ 研究結果をエビデンスとする
A 我々の経験をエビデンスとする
B 本人のやってきたこと等の背景をエビデンスとする

何でも良いといえば何でも良いと思います 
エビデンスにはレベルがあるんですね.
本人が言っていた,同じ様な経験をした,先輩が教えてくれた等はエビデンスレベルが低いですが,列記としたエビデンスであり,無いよりは良い!
一番レベルの高いエビデンスはRCTのシステマティックレビュー等々です.
簡単に言うと,偏りが無いランダムに集めた人々を2つに分け,一方に介入し,もう一方は何にもしない.そして変化を計測するものを幾つも集めて検証する感じ!

PTさんらは,数字に表しやすい部分を担当する事が多いのかもしれませんが(個人的見解),OTは目に見えない数字にしにくい部分を見ることが多いです.
だからRCTもしづらいし,エビデンスを示しづらいと思いますが,我々はOTなのでPTやDrと同じ様な土俵で答える必要はありません.
目の前にある事実を捉えて分析すれば,根拠に基づいた作業療法だと私は考えています.

ちなみにEBOTグループが日本にも存在します.主な活動はメーリングリストによる意見交換です.(無料) ご興味あればご参加してみてねん.
右のリンク集に貼ってあります.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
OTのファジーな部分を大事にしていけたら良いですね。やはり、数字化できるデーターがないことに対して、バッシングを受けることも多いです(個人的見解ですが)。言葉にできない多くの結果があるのに、それを他者に伝える手段が下手です。経験をエビデンスとしてよいということで安心しました。管理人さん有難うございました。
aoi
2006/03/27 14:57
aoiさん,こんにちわ!
私も数字化できない事実に対して,他部門さんとバトルになる事も多いですが,最近は負けなくなりました(笑)
管理人
2006/03/27 17:21
非常に勉強になりました。
でもその辺でなんですかね、今度の改定でも効果性の確認というあたりで、介護保険下でも加算を取るには3ヶ月ごとのモニタリングが義務付けされました。確かに話は分かるんですが・・。aoiさんのいうファジーな部分の良さ、というのがなかなか認められなくなってきてる気が。これからのリハビリ、どうなることやら・・・。

もし差し支えなければ、相互リンクさせていただけないでしょうか?
アニキ
2006/03/30 07:31
アニキさん、こんばんわ
今回の改定で、望まない評価までする必要性が出てきました・・・ 国の方針ですので割り切って頑張ります。
そして相互リンクありがとうございます。こちらにも貼らせて頂きましたのでご確認ください。今後ともお願いします。
管理人
2006/03/30 18:07

コメントする help

ニックネーム
本 文
OTのエビデンス(EBOT) 作業療法士の愚痴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる