作業療法士の愚痴

アクセスカウンタ

zoom RSS 鬼バイザー日記C

<<   作成日時 : 2006/02/04 22:37   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 6 / トラックバック 0 / コメント 6

画像


シリーズ化して参りました!鬼バイザー日記続編です。
過去の日記もご覧下さい。
その@  そのA  そのB

実習開始から1週間が経過し、ちょっと担当ケースとの距離を縮められたOT学生さん!
でも、いわゆる検査(ROM、BRS、MMTなど)を
一個も行わせていません(⌒∇⌒)ゞえへっ♪
実習期間は3週間 (||゚Д゚)ヒィィィィ ココからが私の本領発揮です \( ̄^ ̄)゙>

『先生、私は大丈夫なのでしょうか?』 → 『何が?』
『不出来なので、きちんと期限内に評価出来るのか心配で』 
→ 『どうしてそう思うの?』
『ケースとの距離を縮められず、検査が出来ていないので』 
→ 『平気だよ(ニヤリ)』
『先生のその不思議な笑顔が・・・』 → 『笑っているうちは大丈夫だって』
『今日は検査をしても良いですか?』 → 『出来そうなら良いよ』
『信頼関係崩しそうで恐いです』 → 『じゃあやめよう』
『 あう…_| ̄|○ ガクッ 』 → 『 ニヤリ 』

ここで強行に検査をするという選択をしない学生に賞賛さえ覚えます。
アンタは偉い ヽ(▽ ̄ )乂(  ̄▽)ノ

考えてもらいたくてこんな対応にしましたが、そろそろ良いかなと思い、行動開始!
検査・・・OK


なんて絶対しません!検査をしないで評価する技術を伝達する事にしました。

『学生さ〜ん、ココにOT7人居るよね?』 → 『5,6,7・・・ はい 』
『腱反射、感覚検査、ROM測定をしているのを見た?』 → 『そうなんですよ!見てないんです』
『ほぼ毎日新患さん入っているんだよ』 → 『うむむむむ 検査していないですね』
『どうしていると思う?』 → 『・・・・ かん・・・さつ ?』
『そう!観察と語りから初期は捉えているんだよん』 → 『 (; ̄ー ̄)...ン? 』
『1週間見てきたよね?』 → 『見ては・・・いるのですが・・・』
『じゃあレポートまとめようか』 → 『無理ですって!(きっぱり)』
はい!ついておいで〜

皆さん作業行動研究会というスゴイ集団をご存知でしょうか?
そこの技術を学生さんに伝授しました。

その@ ナラティブリーズニング
各種質問をします。面接とも言いますが!今をどのように捉え、何に興味があり、何を求めているのか?それを語りに含まれる微妙な言い回しから推測し、検証していく作業です。
COPM、OSAUなど、各種評価法がありますが、今回は使用せず会話録を分析しました。
検証作業及び疑問点抽出には、その方の歴史や背景を知る必要がありますので、カルテ等から情報収集をしております。

『先生!分かりません!!』 → 『 バシッ(o・_・)ノ"(ノ_<。) 』
『 ・・・・・・・・・・・・ 』
『先生!昔は活発な方だったようです』 → 『今は?』
『寝てTV見まくっています!しかも困った事は無いと言います』 → 『君ならどうなる?』
『動きたくてウズウズします』 → 『何でケースはそうならないの?』
『納得しているのかな・・・・』 → 『他には?』
『痴呆?』 → 『他には?』
『結構TV好き?』 → 『色々考えられるよね?会話から次回聞き出してみん』
『やってみます』

といったように、疑問点を抽出し、仮説を立て、それを検証する作業をお話で行います。
そうすることで、最も重要な情報である人間性というか価値観みたいなものを知れます。
OTの主な評価法は 『面接』 ですよ σ( ̄^ ̄) エッヘン
そこで得られた固有の生活イメージを共有し、一緒に再構築するのがOTです。
だから信頼関係を取らないと、心も開いてくれないし、考えを聞き出せないのさ!
1週間を費やしても、何も問題ないです。
というか、コレを無視して検査するOTの気持ちが理解出来ません。
変わっていますでしょうか?


鬼バイザー日記Dにつづく
http://otr-fujikazu.at.webry.info/200602/article_3.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 6
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして。OTです。私自身SVになったことはありませんが、こういう実習いいですね。とてもOTらしい(^。^)こういう実習ならもう一回行ってもいいなあと思います。続きがとっても気になります。ぜひ可能な範囲で続編をよろしくおねがいします!
うり
2006/02/05 21:06
うりさん、はじめまして^^
テンションの上がるコメントありがとうございます。皆さんからの反響がある限り書いていこうと思いますので、これからもよろしくお願いします。
管理人
2006/02/05 23:19
うりさん、はじめまして
管理人さん お疲れ様です。
私の施設にも3月に見学実習の学生さんが
来る予定です。
評価実習や臨床実習と違ってその日限りなのが
切ないですね。

「とてもOTらしい(^。^)こういう実習ならもう一回行ってもいいなあと思います。」

私も同じ意見です。
超急性期の身障での実習は、検査・評価で苦痛
でした。「こんなこと、聞けないよ」と思いながら話を無理やり聞きだしてました。
私の性格には、不向きでした。
その後、精神科での実習は正反対で「もう少し居たいなぁ〜」と思うほど心地良かったです。
このOTSさんは幸せ者だな〜と感じます。
きくりん
2006/02/05 23:38
まだ再試中です…日記C待ってました。私の周りの身障に評価実習行く連中は、ROM・MMTのことばかり気にしてますよ。私にはまだ、どのやり方がいいのかというのは解りませんが、管理人さんの言われている事にすごく納得させられました。続きがすごく気になります。
hiro
2006/02/07 01:30
きくりんさん、どうも^^
心地の良い実習でないと学習量も制限されてしまうのではないのかな?と思います。
心理的負担の大きい中からの勉強は辛いイメージしか残らないと思うんだよな〜
管理人
2006/02/07 20:13
hiroさん、こんばんわ^^
再試ご苦労様です。
身障に行く方々!ROMやMMTの勉強も大事です。そんな実習地も多いですが!私の所に来たら使いません。私の実習内容は・・・効果を数人の学生で示せたら学会に持って行きます。
予のスタンダードになると良いな〜
そろそろOTは他部門のマネから脱却しなければならないと思います。OTらしさを今後も追及しようと思います^^
管理人
2006/02/07 20:19

コメントする help

ニックネーム
本 文
鬼バイザー日記C 作業療法士の愚痴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる