作業療法士の愚痴

アクセスカウンタ

zoom RSS 人間作業モデル

<<   作成日時 : 2005/11/30 23:08   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

人間作業モデルに関するアクセスが多くなってきましたので、独自の解釈を・・・

人間作業モデルの大きなポイントは
@ 意志のサブシステム
A 習慣化サブシステム
B 遂行のサブシステム
の3本柱が、環境の影響でダイナミックに変化すると言う点です。
そして大事なのが、この3本柱は階層性を持たず、相互作用的にリンクしている事です。
これを踏まえれば、実践可能なはずです。

ダイエットを希望している人を例に説明してみます。
事例:Aさん 女性 ぽっちゃり型 甘いもの好き 恋人募集中 

意志: クリスマス前だし、彼氏欲しいし、やせたい!!
習慣: 夕食後、TVを見ながらチョコを食べる事が日課で、インドア派
遂行: 機能面での異常なし
環境: いつも暮らしているチョコがある運動機材のない家

さて問題です! Aさんはダイエット出来るでしょうか?



答えです。
『わかりません。』
一見、習慣と環境に問題があり失敗しそうですが、相互作用ですので、意志がどれほど他のシステムに作用するかで決まるのかもしれません。予測する事は出来ても、既定することは出来ませんね。意志・習慣・遂行・環境の全部を整えても、『明日からにするわ』と言うかもしれません。人ってそういう生き物です。
リハビリでもそうですよ。部屋に帰ったら、これとアレをやっておいてください。な〜んて言っても、人間システムにおける行動特性を理解していないと良い提示が出来ないのよん。やってもらえない事を対象者に押し付けていませんか?意欲がないとか、不真面目だとか・・・ まずは自分の評価を振り返る事が大事です。多くの場合セラピストに責任があるんだと言うことを念頭に置きましょう〜。
画像
駄文失礼しました〜


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
作業モデルで身体的なことは入ってこないのですね。最近よく言われる身体感覚、身体性などの部分はどこのシステムに入るのですか?また、学習やフィードバックに関しても同じ質問があるのですが。確かにモデルですから、そのように設定下のでしょうが・・・。
ぷろPT
2005/12/01 18:43
愚痴OTさん.うちのブログへの返答ありがとうございました.
それで,意志,習慣,遂行の3つのサブシステムと環境ということですが,結局,事例では,どんなパターンでも導けるわけで,モデルを使ってまで解釈する意味があるのでしょうか?どう応用するのかしらん?
ゆう星☆
2005/12/01 19:24
ぷろPTさんコメントありがとうございます。
私ごときが答えてよいのか分かりませんが、身体的な事は全て遂行に含まれます。動き、機能、技能それら全てを含んでサブシステムだと思われます。大理論に分類されていますから、サブシステムのみで既に、大きな枠になっています。
管理人
2005/12/01 22:00
ゆう星☆さんコメントありがとうございます。モデルを使って解釈し、評価・介入方法を提示するのではなく、協業を促すモデルとなっております。ですから人間作業モデルにて、出来るだけその対象者の価値観・考えを理解し、一緒に考えられますよ。私はあなたの一番近くに居ますよ。あなたの考えを出来るだけ理解したいんですよ。と協業する時に生じる価値観の違いを振り払う事が出来るのかもしれないモデルなのかしら?? う〜ん難しい
管理人
2005/12/01 22:09
それぞれのバランスを変えてみて,相手の方に一番合うものを見つけ出す?そのことによって自分の主観,価値観をできる限り排除する?その人の見えないものさしを探り出して,その見地に立って心に分け入る方法論?..ごめんなさい.一度概要を読んでみないと難しいですね.
ゆう星☆
2005/12/02 00:14
システム理論で考えると、各システム、サブシステムの重みづけでいかようにもパフォーマンスは変化します。だから、単一のシステムの評価は可能でも、必ずしもパフォーマンスと真の意味の相関があるかどうかは不明ですね。
ぷろPT
2005/12/02 12:54

コメントする help

ニックネーム
本 文
人間作業モデル 作業療法士の愚痴/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる